熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

カビ・藻の除去作業

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今日は、江津町K様の塗装工事前に壁に発生しているかび・藻の除去作業を行いました。

カビ・藻の除去作業

この状況では、高圧洗浄やバイオ洗浄をを行っても菌が残ってしまいますので、ワンステップスプレークリーナーで完全除去作業を行います。

カビ・藻の除去作業

このワンステップスプレークリーナーは、人体に無害とありますが、人体にも植物にも全く無害と言うことはあり得ませんので、マスクにフェースガードで撒布します。もちろん植物がある所はきちんと養生を行い塗布します。カビ・藻の除去作業

今日は、幸い風がありませんので噴霧器で撒布しました。

カビ・藻の除去作業

撒布終了です。

写真では比較しやすいように一カ所を写していますが、住宅全体に撒布しました

この状態で約1週間程度でカビ・藻が死滅しますので、その後高圧洗浄・塗装工事へと進みます。

 

住宅屋根の雨漏れ

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

健軍町T様邸の雨漏れ補修工事です。ホームページを見てお客様から雨漏れ修理のご依頼をいただきました。早速お伺いしたところ、既に色々な雨漏れ補修がなされていました。

状況を伺ったところ、家を建てて間もなく雨漏れが始まり建てた建築会社が色々補修をしたそうですが直らず、当社に電話をしたと言うことでした。

住宅屋根の雨漏れ

結果から言うと上記の写真白い丸の部分笠木の継ぎ目から雨水が浸入し折板屋根の矢印の部分に以前間違ったシーリングがされていたため笠木から浸入した雨水の出口が無くなり雨漏れがかえってひどくなってしまったことでした。

さらに悪いことに

住宅屋根の雨漏れ

上記の写真のように浸入した雨水が天井下地材の中を通って三メートルほど離れた場所から水漏れしていたことです。

当社も最初水が漏れていた場所を中心に悪い場所を修理したのですが直らず、一つ一つ怪しい場所を潰し原因を突き止めました。

雨が漏った場所と雨漏れの場所が離れている非常にまれですが原因解明が難しい場所でした。

住宅屋根の雨漏れ

間違ってされたシーリングを丁寧に撤去すると中から水が出てきました。

住宅屋根の雨漏れ

上記写真のように笠木部分にアルミ防水テープをきっちり貼り防水処置を行いました。

住宅屋根の雨漏れ

一カ所が雨漏れしてたという事はほかの場所も浸入していたのかもしれませんので笠木部分全てにアルミ防水テープを貼り予防処理しました。

これで雨漏れが修理が出来たと思われますが、油断大敵です。

ひょっとすると違った場所でも雨漏れしていて複合的に漏っていたのかもしれません。用心のため今度の梅雨の間じっくり観察させていただきます。

サイディング プライマー強度試験

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、劣化したサイディング板再塗装時の塗装強度を調べるために実験してみました。

実験の趣旨は、劣化したサイディング板再塗装時にある会社のプライマーが後から一部塗膜が劣化が認められたため、各社下地プライマーの中でサイディングが劣化した場合にどのプライマーを使うのが最適なのかを検証することです。

まず屋外に放置したサイディング板を十分乾燥させ、表面を清掃したものが下の写真です。

サイディング プライマー強度試験

今回は、プライマー強度と塗料の相性なども見る事とし、当社でよく使用するA・B・E社の劣化下地用プライマーを5種類用意しランダムに塗布します。

サイディング プライマー強度試験

今日は、前面にランダムにプライマーを塗布する所までとします。

下記の写真がランダムにプライマーを塗布し終わった所です。

サイディング プライマー強度試験

フジモト創社のカビ・藻・苔についての取り組み

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

新しいサイディング壁に藻・カビ・コケの続きです

当社の防藻・防カビ塗装の取り組み

当社では、まず、お客さまの建物にどんな理由で藻・カビが発生しているのかを調査し、お客さまの建物の構造・立地条件に合った防藻・防カビ効果が最大限発揮できる、最適な防藻・防カビ塗料を選択ご提案いたします。

当社のかび・藻についての取組

これから当社のカビ・藻類に対しての取組をご紹介します。

①築年数が新しい住宅の場合

建物が建築されて、2,3年しか経っていない住宅の場合それほどひどくない場合、基材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をする。 カビ・藻がひどく発生している場合、日本窯業外壁材協会が推薦する《ワンステップ・スプレークリーナー》をローラー又は噴霧器で処理します。

《ワンステップ・スプレークリーナー》とは

ニュージーランドのサーティーセカンズ社(30 Seconds Limited:本社オークランド市郊外》が開発した、その社名”30秒”にたとえられるほど極めて短い時間で抜群の効果を発揮するアウトドアー用のクリーナーです。 屋外の建造物の美観を損なわせるカビ・コケ、その他の汚れや黒ずみなどの除去の効果絶大な屋外用クリーナーで、ニュージーランドにおけるその知名度は抜群!市場占有率も80%を超えています。

フジモト創社のカビ・藻・苔についての取り組み

■商品特徴■

屋外のカビ・コケ・地衣植物(菌類と藻類の共生体で固く除去し難い)、藍藻類の除去及び発生防止のために特別に開発した、効果抜群の屋外用クリーナーです。 効果は遅効性ですが散布後はそのままほうちしておくだけ(水洗いは不要)です。

噴霧後2~4週間(場合によっては数ヶ月)かけて徐々に枯れながら完全に死滅(除去)していきます。 また、散布後に製剤が表面に染み込み残るので、防カビ・防コケ(再発抑制)効果もあります。アルキル・ジメチル・ベンジル・アンモニウム・クロライド(別名:塩化ベンザルコニウム塩)を主成分(標準液:2%濃度、濃縮液9.9%濃度)とし、その他数種類の成分を独特な配合で取り入れたクリーナーですので、塩素系の洗剤が使用できない所にも使用できます。

■使用できないもの■

金属製品、合成樹脂製品などはシミやサビの原因となることがあるので使用できません。

■住宅建材への適応性の安全性■

代表的な建材(各種外壁材、タイル、レンガ、木材等)に直接散布しても影響がなく安全であることを確認しています。

引用元:アルタン(株)

②築年数が5年以上及び再塗装から5年以上の住宅

・それほどひどく発生していない場合は、機材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をし、防藻・防カビ性能が優れた塗料での再塗装を検討する。

・カビや藻がひどく発生している場合は、あらかじめワンステップ・スプレークリーナーでカビや藻を除去し、その後、機材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をし、防藻・防カビ性能が優れた塗料で再塗装をけんとうする。

*樹木が近接している場所や水路の近くなどの地域性により、カビや藻が発生しやすい場所は再発する危険性が高いので、確実に発生原因を見極めて除去処理を行う必要があります。 さらに、水分の滞留がある場所は出来るだけその原因を取り除いた上で、防藻・防カビ機能が優れた塗料で塗装する必要があります。

防藻・防カビ機能が高い塗料

各社、防藻・防カビ機能塗料を発売していますが、その中で代表的な商品を紹介します。

・水谷ペイントナノコンポジット防藻+

ナノコンポジット自体も非常に防藻・防カビ機能が高いですがそれを更にパワーアップさせた塗料です。 防藻・防カビ機能に加え、表面に付着した藻やカビから水分を吸収し成長を止め、降雨により洗い流します。

 

・アステックアステック・プラスS

塗料ではなく防藻・防カビ添加剤です。

一般建築物から検出される、57菌を含む500種類ものカビ・細菌・藻類に効果を発揮します。 これは、水性塗料への添加剤で、塗料に混ぜることで防カビ機能が発揮されます。

・日本ペイントパーフェクトップ

パーフェクトップ自体にも防藻・防カビ機能がありますが、オプションで更に強力防藻・防カビ機能をプラスすることが出来ます。

その他、各メーカーに防藻・防カビ機能が良い商品が多数販売されています。商品を決定し発注する際、強力防藻・防カビ機能を指定する必要があります。

この住宅街壁の藻・カビ・コケの特集を最初から見るにはこちらからどうぞ

新しいサイディング壁に藻・かび・こけ

新しいサイディングに藻

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

前回の住宅の外壁 カビ・藻・苔についての続きです。

新築して間もないサイディング造り住宅の壁に藻が発生しているのをよく見ます。

近くに水路があったり、樹木が近接しているなどの藻が発生しやすい条件のほかに、サイディングの模様に問題があるにではないかと思われます。 (ここからは、私自身の考察です)サイディング壁に藻が発生している現場をよく見てみると、決まって細かな模様が水平方向に入っているサイディングにこの現象が多く見うけられます。 これは明らかに模様が影響していると思われます。

ゴミがたまりやすく、水分が滞留しやすい構造だからではないかと思われます。

これらのことは、同じ時期に建築されたサイディング壁の住宅で隣接した住宅用外壁面で水分が滞留しやすい模様かそうでないかによって明らかに藻の発生の違いが見られこととサイディング壁に直接雨がかからない上部壁面・ヒサシの下などで藻の発生が明きらかに少ないからです。

新しいサイディング壁に藻・かび・こけ

藻が発生した住宅

サイディング壁に発生しているのは、カビ?藻?コケ?

サイディング壁に発生しているのはカビでしょうか、それとも藻?それともコケ? まず第一に、カビ・藻・苔の違いで記載したように苔は地表面に近い位置(地上高30㎝まで)に限られることから除外して良いでしょう。 それでは、カビか藻か? 藻は光合成をしますのでわずかでも光と水分が必要です。カビは光合成をしませんので栄養源でもある、ホコリ・ゴミなどと水分が必要です。 これらのことから日光が少しでも当たる部分は藻。日光が全く当たらない部分はカビの可能性が高いと言えます。 また、カビと藻は生態が非常に近い関係にあります。 藻は気温が25℃を超えると死滅していきますので、その死滅した藻を栄養素にカビが生えるなどしているものと思われます。

いずれにしても建物にも健康にも良くありませんので、早めに取り除いた方が良いでしょう。

どう対処すると良いか?

景観上の問題はありますが、カビや藻は根を建物の内部まで伸ばすわけではなく、表面で繁殖するだけですので建物の構造体に対して特に悪影響を与えません。 しかし、カビや藻が発生しているということは水分が滞留しやすい場所で藻自身も保水性がありますから、あまり長く放っておくと塗装の劣化・基材の劣化が心配されます。

カビや藻が発生した場合のメンテナンス

それでは実際にサイディングにカビや藻が発生した場合どうすると良いのでしょうか?

サイディングメーカーのニチハ(株)の対処方法をご紹介します。

●窯業系サイディングに藻やカビが見られたら、柔らかい布や柔らかいブラシ(柔らかめの歯ブラシ程度)で中性洗剤を用いて水洗いしてください。藻やカビを殺す薬剤を用いれば、繁殖を止めることはできます。しかし、色素のある藻の多くやカビの場合、死んでも跡が残ります。漂白作用のある薬剤を使えばカビ跡も残りにくいですが、窯業系サイディング自体を傷めてしまう危険性があるので注意が必要です。ご使用時は、塗膜・基材の劣化が進んでいる場合、塗膜・基材を傷めてしまうことがありますので、事前に目立たない箇所で試し洗いをし、問題ないことを確認した上で実施してください。また、外壁面や、土台水切などの金属部材に薬剤が残留すると、変色やサビの原因になります。洗浄後はしっかりと全体を水で洗い流してください。薬剤は、周辺の植物(植木や芝など)を枯らさせたり、手荒れなどの原因にもなります。薬剤による洗浄につきましては、ご自身の責任にて実施してください。また、再塗装によるメンテナンスをされる場合、専門業者とご相談されることをお勧めします。

●外壁面にホースなどで散水する際は、必ず上から下に向けて散水してください。下から上に向けて強い圧力で散水すると接合部目地などから漏水する恐れがありますので避けてください。

今回特集したカビ・藻・コケに対するフジモト創社の取り組みはこちらからどうぞ

壁面塗料検証

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今日は、益城町広崎F邸のサイディング塗装に使用しました塗料の検証です。

2014年6月にサイディングを塗装したE社の塗料ですが、

焦げ茶色濃色を使いました。濃色は色あせがしやすいため

色抜けがしにくいと言うE社の材料を使用したのですが、

6年目の結果が写真の通りです。

壁面塗料検証

南面内側 日当たりなし

 

壁面塗料検証

南面 日当たり面

南面のベランダですが、日が当たらない内側は、色落ちが無くつやもあり、

藻やカビもなく6年目にしては、綺麗だと思います。

しかし、日当たり面に関しましては、色あせ・劣化が著しく、つやも飛び

まるで白黒写真のようです。

サイディングは、蓄熱しやすく濃色は、特に基材温度が上がります。

このE社の材料は、遮熱性能もあり耐久年数は15年は持つように良いことが

書いてあったのですが、6年でここまで劣化、色・つや落ちしてしまうのでは

使用することは出来ません。

フジモト創社では、今後使用材料リストから除外します。

 

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

さて今回は、屋根用遮熱塗料ブラックの検証の続きです。

8月2日金曜日から8月6日朝までかけて検証しました

各社屋根用遮熱塗料ブラックの検証結果が出ました。

全てブラック塗料そして2液型遮熱塗料で条件は同じです。

まずは、外気温ですが、最高気温38度 最低気温23度 平均温度30.1度でした。

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

高温注意報が出るくらい暑い日だったことが分かります。

それでは、各社の結果を概要とグラフを掲載します。

最初の塗料は、遮熱塗料ではありません。この塗料に比べて遮熱塗料の性能がどうなのかを比べる基準となります。

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

最高温度65.5度 最低温度21.5度 平均温度 35.1度です。

さて各社の概要とグラフです。結果が良い順に掲載します。

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

 

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

 

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

屋根用遮熱塗料ブラックの検証2

 

という結果が出ました。

整理して比べてみます。

B社2液型塗料 最高温度 65.5度 最低温度 21.5度 平均温度 35.1度

B社遮熱塗料  最高温度 57.5度 最低温度 22.0度 平均温度 32.7度

A社遮熱塗料1 最高温度 61.5度 最低温度 21.5度 平均温度 33.5度

A社遮熱塗料2 最高温度 63度 最低温度 21.5度 平均温度 34.1度

F社遮熱塗料  最高温度 63度 最低温度 21.5度 平均温度 34.1度

以上の結果となりました。

一番遮熱塗性能の結果が良かった塗料と通常塗料の最高気温の差8度

平均温度で2.4度です。

一番遮熱効果が出なかった塗料と、通常塗料の最高温度の差2.5度平均温度の差1度です。

同じ遮熱塗料でもかなり差があることが分かりました。

今回の結果を踏まえ、当社のお勧めできる遮熱塗料の基準が出来ました。

遮熱塗料の性能と塗料の持ち方は、別問題だと思われますので、引き続き

塗料の暴露検証は、続けて参ります。

 

 

屋根用遮熱塗料 ブラックの検証1

 

熊本市東区で塗装工事をしている、フジモト創社です。

今回は、4月に作っておいた、各社遮熱塗料の見本版を使って、どのメーカーの遮熱塗料が効果が高いのかを、検証してみます。

試験板の裏に10分おきに温度を測るように温度計を、セットして

屋根用遮熱塗料 ブラックの検証1

蓋をします。

屋根用遮熱塗料 ブラックの検証1

そして一列に並べて検証開始です。

場所による違いを、避けるため毎日場所を交換します。

8月の一番暑い季節、今回は、3日間検証する予定です。

屋根用遮熱塗料 ブラックの検証1

遮熱塗料の検証

熊本の屋根塗料の検証用に作った屋根塗装実験板の作製途中の各メーカー下塗りシーラーの遮熱性の検証です。

遮熱塗料の検証

写真は、B社の2液シリコン塗料の通常使用するシーラー塗装した後です。

遮熱塗料の検証

写真はE 社の2液遮熱シリコン塗料のシーラー塗装した後です。

遮熱塗料の検証

写真は、A社の2液遮熱シリコン塗料のシーラー塗装した後です。

遮熱塗料の検証

写真は、A社水性1液遮熱シリコン塗料のシーラー塗装した後です。

すべて同じ4月7日午前10時頃 気温19度です。同じ遮熱塗料シーラーでも色が白い方が遮熱効果もあるようです。色に違いによる遮熱効果の違いがよく分かります。

実際に遮熱塗装後の検証が楽しみです。

 

 

 

屋根用塗料の色の検証

前回作った屋根塗装試験板で各社のブラック塗料の違いについて検証しました。

屋根用塗料の色の検証

手前から1番目  E社2液弱溶剤遮熱塗料  2番目B社2液弱溶剤塗料

3番目 A社2液弱溶剤遮熱塗料  4番目F社2液弱溶剤塗料

5番目 A社2液弱溶剤塗料    6番目A社1液水性遮熱塗料

①黒の発色の違い

同じ黒と言っても各社写真で見てもかなり色の発色が違うのが分かります。

私が見て一番黒く感じたのが、2番目つぎに1番目5番目6番目4番目の順です

3番目は、少しグレーがかって見えます。

②肉厚・ツヤ

肉厚は、1番と3番が非常に良かったです。1番3番ともに遮熱塗料です。

これはシーラー自体に遮熱性能があり造膜性がある為だと思われます。

次に遮熱塗料の6番 そしてその他は同じ程度でした。

ツヤは、1から5番までツヤが有り6番は、抑えめなツヤでした。

③触った感じ

1番目と3番目の塗料には若干のタック(べたつき)がありました。その他の試験板は、ありませんでした。

このタックは、非常に重要で屋根塗装時に少しタックがあることで、滑らず作業員の安全性にも繋がりますので勾配が急な屋根の場合は、1と3番目の塗料は非常に有効です。

*このタックは、2〜3日で消えます。

後は、各々の塗料の耐候性ですが、これは長い検証となります。

遮熱塗料の検証とともに順次アップしていきます。

 

 

 

屋根用塗料検証

熊本で多く使われているコロニアル屋根(カラーベスト)で屋根塗装に使う屋根用塗料の検証を行います。

今回行う検証は、当社で使う主力塗料各社のブラック塗料が6種類揃ったので全部同じ色で検証してみます。

各塗料メーカー別、塗料別の耐久性とその中の3枚作った遮熱塗料の検証を同時に行なうことにしてみます。

まず最初に塗装板を製作します。

屋根用塗料検証

コロニアル屋根に各々専用プライマーを塗り

屋根用塗料検証

それぞれの試験板に塗料を塗っていきます。

塗り厚に差が出ないように各板につき100㏄の塗料液を作り中塗り上塗りをします。

屋根用塗料検証

同じ大きさの下地合板を作り真ん中に温度計を仕込む為の穴を開けます。

屋根用塗料検証

本来の屋根の状態に近づけるためルーフィングを入れます。

屋根用塗料検証

作ったコロニアル試験板を取り付けて完成です。

壁の検証試験も同時に行っています。

今後検証結果を順次アップしていきます

遮熱塗料の現場検証

熊本の夏はとにかく暑いですね。夏の暑さを少しでも緩和してくれるのが遮熱塗装です。しかし、どれくらいその効果があるのか、お客様のご協力頂き遮熱塗料の検証を行いました。*まず最初に、これから掲載する検証結果は、フジモト創社が独自に実験したもので、当社の遮熱塗料選定の基準を作るために検証しました。過去の検証ですが、これから遮熱塗装をお考えの方の参照になればと思い公開します。あらかじめご了承ください。

実際に遮熱塗装をした時の効果

8月の一番暑い盛りに熊本市長嶺のN様にご協力をいただきました。このN様とは、夏をより涼しく過ごす知恵についてよく話し合っていました。

遮熱塗料の現場検証 遮熱塗料の現場検証 遮熱塗料の現場検証

今回の検証では、遮熱効果をより出すためN様と話し合いの上で薄いグレー約25%グレー位のA社の遮熱塗料を使用しました。

遮熱塗料の現場検証

8月2日〜8月11日

遮熱塗料の現場検証

遮熱塗装後8月6日

黒色 外気温  赤色 屋根上部  緑色 屋根下部

青色 天井上部  黄色 生活部

結果グラフでも分かるようにはっきりと効果が出ていました。屋根裏の温度が遮熱塗装前と遮熱塗装後を比べて約20度以上下がっているのが分かります。

データを詳しく分析してみると

①遮熱塗装後、昼間の一番暑い時間帯に部屋天井付近で1.5~2.5度温度が下が り,しかも厚さのピークも遮熱塗装前と比べて格段と短くなっている。

②遮熱塗装する前は、屋根裏での温度が外気温を上回り出すのが、AM9:00前後だったものが遮熱塗装後は、AM11:30前後になった。又、遮熱塗装前は、屋根裏の温度が外気温を下回り出すのが、AM4:30前後だったのが遮熱塗装後は、夜中0:30前後になりました。

つまり遮熱塗装前は、屋根裏の温度が外気温より低くなるのは、平均4.5時間だったものが遮熱塗装後は、平均11時間に達しました。

上記2点を見て昼間は、温度が下がっても暑いですが、夜間の温度の下がり方が非常に早くなったので、冷房効率は、かなり良くなるのではないかと思われます

後日、遮熱塗料の検証結果を持ってN様宅を訪問し実際に遮熱効果を感じるかお聞きしたところ、以外にもあまり変わらないような気がするとおっしゃいました。確かに、熊本の夏は暑く36度を超える日も多い中、部屋の中の温度が1.5~2.5度下がっても、良くなったと感じる人もいれば、あまり感じないと思う人もいるのかもしれません。

家の構造や、断熱材の使い方、屋根裏換気の良し悪しなどとともに、物質の内部を暖めてしまう遠赤外線の効果なども関係しているのかもしれません。次回はこの辺も検証してみたいと思います。

夏の盛りにあまり効果を感じていらっしゃらなかったN様、すこし厚さのピークが過ぎた頃から、エアコンを前に比べてあまり使わなくてすむようになり効果を感じるようになったとおっしゃってました。

 

 

 

 

 

 

遮熱塗料の検証

ただでさえ暑い熊本の夏、少 しでもしのぎやすくする工夫に ついて考えてみました。 今回は、その工夫の中で塗装す るだけで温度を下げられるとい う遮熱塗料【遮熱塗装】本当に効果があるのか検証してみます。

遮熱塗料とは?

そもそも遮熱塗料とは、一般 的な塗料と比較して太陽光をはね返す、反射率が高い塗料のことです。このため遮熱塗料を塗装した面は、太陽熱を吸収しにくく暖まりにくくなります。 特に人間の目には見えない赤外 線域の光をはね返す特徴があり、 高反射塗料とも呼ばれています。

遮熱塗料の仕組み

遮熱塗料の検証

遮熱塗料は、赤外線領域の反 射率が高い顔料を使用することで太陽光線を反射し、塗膜の奥の基材に日射エネルギーを届けにくくし屋根などの温度上昇を、 押さえます。特殊セラミックは 光反射を補完する役割がありま す。

遮熱塗料の効果

遮熱塗料の効果としては、5 0%グレー(白と黒の中間色) で日射エネルギーの50%反射 出来れば良い方です。 遮熱塗料では無くとも白色は、 日射エネルギーを約85%反射しますので単純に言えば、50 %グレーの遮熱塗料は、遮熱塗料でない白色にかなわない。その程度の性能です。 しかし、 同じ グレーで 比べてみると遮熱塗料と普通の塗料との間には大きな差が出てきます。 現実に、白色の屋根などほとんど見かけませんから、例えば黒色で塗装するなら普通の塗料より遮熱塗料の方が遮熱効果が高くなり、遮熱塗料の黒で塗装するより、色が薄い遮熱塗料のグレ ーで塗装する方がより遮熱効果が高くなると言うことです。

遮熱塗料の利点

遮熱塗料は、夏場の強い日差しをはね返し、室内を涼しく保つ効果を狙ったもので、少しでも光熱費を抑えることで地球温暖化対策にもなります。 従来の塗料の代わりに塗るだけで遮熱効果がありますから、リ フォーム時の再塗装に遮熱塗装はぴったりです。

遮熱塗料の検証

遮熱塗料の現状

東京都でヒートアイランド対策として行った遮熱塗料の実験では、従来の塗料に比べて、確かに温度上昇を抑えられた製品 もありましたがほとんど変わらない製品もありました。 黒色でみた場合、一番遮熱効果 があった製品と、無かった製品を比べると約20度の表面温度差があったそうです。 今のところ、遮熱塗料には公的な規格はありませんので、製品選びは慎重に行わなければなりません。

遮熱塗料の注意点

①色選び・・濃い色より薄めの色の方が遮熱効果が高くなる。

②塗装の厚み・・適正な膜厚で 塗装しなければ遮熱効果は得られない。

③メーカー選び・・実験で得たデータなどきちんと明らかにしているメーカーを選ぶ。

④業者選び・・積極的に遮熱塗料を扱いきちんと分析している業者を選ぶ。

⑤耐久性・・耐久性は顔料を固める樹脂によって変わるので 遮熱性と耐候性は別の性能ですから注意する。

遮熱塗料のまとめ

遮熱塗料を塗るだけで15〜 20度温度が下げられますとメーカーのパンフレットにはよく書いてありますが、それは屋根直下の温度であって、屋根裏にも断熱材が入っている住宅の場 合、遮熱塗料を塗った場合とそうでない場合の室内温度は、1 〜2度違うといったところでは 無いでしょうか、しかし、屋根材や壁材の蓄熱を押さえるという効果を考えるとこの値は、決して低くはないと思われます。 メーカーによる性能の差は、実際現場施工していると製品によっては遮熱効果を感じない場合 もあります。後は、いろいろ試してみるか実験してみるしか無いと思います。 フジモト創社でも、今まで使って感触が よかった4社の遮熱塗料の性能を実験中です。詳しくはお問い合わせください。

実際に遮熱塗料を、お客様の家で実験した現場の検証はここをクリック