熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

熊本市東区で屋根塗装・外壁塗装などの住宅塗装工事を行う(有)フジモト創社では、世代を超えて、全ての人が、自分らしく、良く生きられる、インクルーシブな社会を目指す、SDGsの取り組みと、継続的な強化を図ってまいります。

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

環境にやさしい塗料の使用

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

化学物質を多く使用する石油系資源を材料とする溶剤系塗料の使用が当たり前でしたが、近年各々の塗料会社から溶剤系に匹敵するか、それを上回る水性系塗料が、続々と開発されています。

当社では、順次水性塗料に移行すると同時に見える化を計ってまいります。

当社実績

2019年度実績

屋根水性塗料使用率 14%   溶剤系塗料使用率 86%

壁面水性塗料使用率 53%   溶剤系塗料使用率 47%

2020年度実績

屋根水性塗料使用率 21%   溶剤系塗料使用率 79%

壁面水性塗料使用率 68%   溶剤系塗料使用率 32%

2021年度実績

屋根水性塗料使用率 36%   溶剤系塗料使用率 64%

壁面水性塗料使用率 79%   溶剤系塗料使用率 21%

*当社現場ごとに集計して当社全体での%表示になります。

作業廃棄物の管理と処分

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

塗装工事で排出される残塗料や、有機廃棄物は、適正に管理し、廃棄物処理法・再生資源利用促進法に従い適切に分類処分いたします。

長く住み続けられる住宅を目指して

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

当社は、健康で長く住み続けられる住宅の塗装を目指し、建物の構造・立地条件に適した下地補修・下地処理を行い、住宅を雨から守る防水性を重視した、適切な塗料により長く健康に住み続けられる住宅の塗装に貢献いたします。

環境にやさしい工事と管理

SDGsへの取り組み (有)フジモト創社

塗装工事で使用する材料はもちろんのこと、現場管理・事務処理のペーパーレス化を進めると同時に、プラスチック製品の不使用化を推し進めて参ります。

熊本市龍田町 I様邸塗装

熊本市龍田町I様邸です。

施工後

熊本市龍田町 I様邸塗装

築16年目初めての塗り替えになります。 シーリングの外れが著しく見受けられました。 壁面サイディングの劣化が著しくありましたので 今回は、下地処理を入念に行い塗りつぶし塗装を 行いました。藻の発生が見受けられました。

壁面サイディング板のシーリングの外れが、 著しいため全面超耐久性のオートンイクシー ド15+打ち替え工事を行い、 壁は、藻の発生が多くみられましたので水谷 ペイントのナノコンポジットW防藻+を選択 しました。 壁面サイディングは、劣化が著しく見受けら れた為、リフレッシュサファーエポで下地処 理を行い塗りつぶしで塗装工事を行いました が、配色に気を使いスタイリッシュに仕上が ったと大変お喜びでした。

施工前

熊本市龍田町 I様邸塗装

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500・ウルトラモルタル

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・樹脂モルタル補修

☆サイディング・・・一部張り替え工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料

壁下地 水谷ペイント リフレッシュサーファーエポ

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

防水 日本特殊塗料 プルーフロンエコ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

その他

屋根塗装工事

熊本県高森町T様邸屋根塗装工事完了しました。

屋根塗装工事

工事開始

阿蘇高森町T様邸塗装工事入りました。

まずは既存のシーリング材撤去打ち替え工事から入ります。

  1. 工事開始
  2. 工事開始

ほぼ完成

熊本市東区沼山津F様邸塗装工事いつの間にかほぼ完成です。

ほぼ完成

屋根板金

熊本市東区沼山津F様邸屋根塗装工事

棟板金のサビが結構ありましたので綺麗に錆落としを行います。 屋根板金

その後錆止めプライマーを塗ります。

屋根板金

その後サビがひどかったのでもう一度サビ止めプライマーを塗りました。

これでやっと屋根塗装工事に入れます。屋根板金

シーリング

熊本市東区沼山津F様邸シーリング工事進めています。

シーリング

2階の縦張りサイディングと1階の横張りサイディングの継ぎ目である幕板部分も、水が内部にまわらないように三角シーリング処理を行います。

シーリング

 

熊本市東区沼山津F邸

熊本市東区沼山津F様邸塗装工事始まりました。

まずは既存のシーリングを、撤去して打ち替え工事を行います。

熊本市東区沼山津F邸 熊本市東区沼山津F邸

縁切りVSタスペーサー

熊本市東区で塗装工事をおこなっているフジモト創社です。

カラーベスト(コロニアル)の屋根塗装を行う際、縁切りが重要ですよとか、タスペーサーの挿入が必要ですよと、塗装会社から言われたことはありませんか?

なぜ縁切りとタスペーサーが、必要かというと、カラーベストの表面には、雨水排出や、通気性を目的とした溝がついています。再塗装をする際この上のカラーベストと下のカラーベストの間を塗料で埋めてしまうことによって、屋根材の合わせ目に侵入した雨水や、毛細管現象により吸い上げられた雨水が、排出されにくくなり屋根裏面に雨水が浸透し屋根下地の腐れや雨漏れの原因となるからです。

縁切りVSタスペーサー

縁切りとタスペーサーの違いってなんでしょうか?

縁切りとは、屋根塗装の後にカッターや専用の機材で、上下のカラーベストの間を強制的に引っ付いている塗料を切って隙間を開ける作業です。

それに対してタスペーサーは、タスペーサーという器材を上下のカラーベストの間に差し込んで、強制的に隙間を作り雨水を排出させる作業です。

では、縁切りとタスペーサーどちらが良いのでしょうか?

結論から言うと、縁切りは、タスペーサーが開発されるまでの昔の作業

タスペーサーは、器材を差し込むことによりこの縁切り作業をスマートに行える作業ということができます。もちろん、縁切り作業をきちんと行っていますという塗装会社もあると思いますが、当社は、全てタスペーサー挿入作業を行なっています。

では、なぜタスペーサー挿入作業で、縁切りをおこなっているのかというと、昔 屋根塗装は、吹き付け作業で行うことが多かったため比較的容易に専用器具で縁切り作業ができたのですが、

近年は、ローラーで作業することが主流で上下のカラーベストの間に塗料が多く侵入し縁切りを行うことが大変になってきた事と、塗料の性能も向上し接着力が強くなり無理やり切り離すとカラーベストが破れたり傷ついたりするからです。

そして何より、専用器材で縁切りする場合、塗装工事完成後に屋根に上がって、縁切り作業を行いますので、せっかくきれいに仕上げた塗装を足で踏んで汚してしまいます。その点タスペーサー挿入は、下地プライマー塗装後に行いますので、仕上がった屋根塗装を汚すことがありません。

以上の事で当社はタスペーサーを標準工事としています。

なおこのタスペーサーについて詳しくはセイムhttps://www.taspacer.com/index.html

で見ることができます。

T様貸店舗

熊本市東区小山T様貸店舗塗装工事が終わりました。

今回店舗で営業していますにで、営業に邪魔にならないようにゴールデンウィーク中の工事となりました。天候にも恵まれ綺麗に仕上がり、店舗の方も営業に邪魔にならず綺麗に仕上がり喜んでおられました。

T様貸店舗

T様貸店舗

菊池市泗水町屋根塗装工事

菊池市泗水町M様邸屋根塗装工事ゴールデンウィーク前に無事完了しました。

菊池市泗水町屋根塗装工事

遮熱塗装工事です。

菊池市泗水町屋根塗装工事

雨切り板金の釘も綺麗にコーキングします。

菊池市泗水町屋根塗装工事菊池市泗水町屋根塗装工事菊池市泗水町屋根塗装工事

完成

熊本市北区高平T様邸塗装工事

無事完了しました。

  • 完成

屋根塗装工事

熊本市北区高平T様邸屋根塗装工事も順調に進んでます。

タスペーサ-も忘れずに入れます。

屋根塗装工事屋根塗装工事

中塗り

熊本市北区高平T様邸塗装工事順調に進んでいます。

中塗り・上塗り工事も終わり軒裏塗装も行います。

中塗り中塗り

下塗り

熊本市北区高平T様邸シーリング工事完了しましたので、いよいよ塗装工事に入ります。

まずは、汚れないように養生工事を行い終了後下塗りプライマー塗布工事を行います。

下塗り 下塗り

テープ貼り

熊本市北区高平T様邸塗装工事まずは、シーリング工事です。

壁面の素材が、ALC(軽量気泡コンクリート)で作ってあります。T様邸のALCは、幅600長さ1800のパネルで出来ています。そしてパネル同士の継ぎ目は、シーリングで雨水が中に入らないようになっていますので、この継ぎ目は非常に重要です。

今回熊本地震もありましたので、全目地シーリング工事を行います。

まずは、シーリング前のテープ貼りを行なっています。

テープ貼り