外壁塗装 熊本の外壁塗装屋根塗装のことなら 熊本県熊本市東区桜木5丁目9-102
塗装の種類
外壁塗装 熊本の外壁塗装屋根塗装のことなら
塗装の種類
どんな材料があるの?
一口に塗料といっても用途・材質その組み合わせにより数百種類に及びます。ここでは、熊本で一般的に使われている代表的な材料について、詳細及び耐久年数について説明します。
壁塗料
アクリルリシン
一般的によく使われている材料
価格的には安価だが、防水性・耐久性が低い塗料です。
耐用年数 4〜6年
吹き付けタイル
下地にパターンをつけることで装飾性を持たせたもの、アクリル・ウレタンなどを用いるがその上塗の種類により耐用年数も違ってくる。防水性はおおむね3〜4年。
耐用年数 5〜8年
弾性塗材
塗膜に伸びる力があるのでひび割れに追随し、防水機能も持つ。メーカー開発が進み透湿性・防藻防かびなど、多機能な商品が開発されています。
耐用年数 8〜12年
アクリル塗材
一般的な塗料・安価で扱いやすいが耐用年数が短い。しかし、新しく改良された材料も多くあります。
耐用年数 4〜7年
ウレタン塗料
高光沢でアクリルより耐候性あり
耐用年数 6〜10年
シリコン塗料
光沢は、ウレタンと同等。耐候性は、ウレタン
より優れている。
耐用年数 8〜12年
木部・鉄部
その他塗料
一般によく使われているペンキ(合成樹脂調合調合ペイント)で、木部・鉄部・その他全部塗装する業者も多いようですが、それぞれの部材にあった塗料、機能面からいえば防虫防腐塗料・防かび塗料など、耐久面からいえばアクリル・ウレタン・シリコンなどの塗料があります。塗装業者に、木部・鉄部・その他部材それぞれどんな塗料で塗装するのか、説明を受けるのがよいでしょう。
私たちは熊本県で
適正価格の塗装を行っています。
どんな材料があるの?
一口に塗料といっても用途・材質その組み合わせにより数百種類に及びます。ここでは、熊本で一般的に使われている代表的な材料について、詳細及び耐久年数について説明します。
壁塗料
アクリルリシン
一般的によく使われている材料
価格的には安価だが、防水性・耐久性が低い塗料です。
耐用年数 4〜6年
吹き付けタイル
下地にパターンをつけることで装飾性を持たせたもの、アクリル・ウレタンなどを用いるがその上塗の種類により耐用年数も違ってくる。防水性はおおむね3〜4年。
耐用年数 5〜8年
弾性塗材
塗膜に伸びる力があるのでひび割れに追随し、防水機能も持つ。メーカー開発が進み透湿性・防藻防かびなど、多機能な商品が開発されています。
耐用年数 8〜12年
アクリル塗材
一般的な塗料・安価で扱いやすいが耐用年数が短い。しかし、新しく改良された材料も多くあります。
耐用年数 4〜7年
ウレタン塗料
高光沢でアクリルより耐候性あり
耐用年数 6〜10年
シリコン塗料
光沢は、ウレタンと同等。耐候性は、ウレタンより優れている。
耐用年数 8〜12年
木部・鉄部
その他塗料
一般によく使われているペンキ(合成樹脂調合調合ペイント)で、木部・鉄部・その他全部塗装する業者も多いようですが、それぞれの部材にあった塗料、機能面からいえば防虫防腐塗料・防かび塗料など、耐久面からいえばアクリル・ウレタン・シリコンなどの塗料があります。塗装業者に、木部・鉄部・その他部材それぞれどんな塗料で塗装するのか、説明を受けるのがよいでしょう。
私たちは熊本県で
適正価格の塗装を行っています。