熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

熊本塗装blog

ツルボ / 塗装blog

ツルボというのでしょうか?
ウォーキング中に出会った
かわいい花(╹◡╹)

ツルボ

萩と月 / 塗装blog

萩と月庭の萩と
朝の月
何となく秋(o^^o)

サイディング部分貼り替え / 塗装blog

熊本市東区H様アパート工事中ベランダ部分のサイディングが劣化、一部浮きが見つかりました。

部分的にはがしてみると

サイディング部分貼り替え

上記の写真のようにサイディング内部構造合板が腐っていました。

H様に状況を報告後、ベランダ部分のサイディングを貼り替えることになりました。

全部はがしてみると、

サイディング部分貼り替え

全体的に悪くなっていました。

 

内部木部も一部腐っていましたので、腐れ部分を撤去後補強しました。

サイディング部分貼り替え

構造合板を新しく張り直し、透湿シートを張り、サイディングを貼っていきます。

サイディング部分貼り替え

今回劣化部分が見つかり、綺麗に補修できて、H様には喜んでいただきました。

サイディング部分貼り替え

熟睡 / 塗装blog

みんな気持ち良さそうに寝ています。(( _ _ ))..zzzZZ

熟睡

コロニアル屋根塗装について / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

コロニアル屋根?カラ−ベスト?スレート屋根?

コロニアル屋根とは、屋根材メーカー・ケイミュー(株)が販売する平形化粧スレートのことで、基本的には、平板スレートが一般名称で、カラーベスト・コロニアルは、製品名を指します。

しかし、スレート屋根=アスベストのイメージが定着していますので、スレート屋根の呼び名は、コロニアル・カラーベストなどに置き換わっています。

当社では、熊本で一番使われている名称である、コロニアル屋根に統一します。

コロニアル屋根の構造

コロニアル屋根は、セメント・ケイ石を材料として繊維質で補強し工場で成形された屋根材で最後に塗装仕上げがされています。

そして、その施工方法は、60x40mm程度の垂木の上に、12mm程度の構造合板を貼り、約22k程度のルーフィング(防水材)を敷き、約4.5mmのコロニアルをしたから順番に釘止めしていき仕上げます。

コロニアル屋根塗装について

ホトトギス / 塗装blog

庭にホトトギスが、咲き始めました。

夏の終わりと秋の到来を感じさせる植物です。

まだまだ暑いですけど、少しずつ秋になっていくのですね。

ホトトギス

DIY塗装してみませんか ローラーか刷毛か? / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、前回のローラー塗装に続き最終回ローラーと刷毛どちらで塗装した方が良いのかについてです。

基本的にローラーは、ハケに比べて3~4倍くらい早く、むら無く塗ることが出来ます。

少ない面積や複雑な場所はハケで、広い面を塗るときは、隅々や塗りにくい所をハケであらかじめ塗っておいて、ローラーで仕上げると早く奇麗に塗れます。

 

塗装を綺麗にする最大のポイントは下地調整を十分に行うことです。

ゴミホコリを綺麗に取り除き、はがれかけた古い塗料は皮スキやサンドペーパーなどでよく落とします。油分が付着している場合は、ペイントうすめ液か、洗剤でふき取りましょう。

家の塗装や補修そしてDIY塗装ここに書かれているもの以外のご質問や、ご相談等ございましたら塗装専門店落としてアドバイス致します。お気軽にフジモト創社までご連絡ください。

DIY塗装最初から見る場合は、DIY塗装してみませんかまでどうぞ

和ラン / 塗装blog

ご近所さんから頂いたランが咲きました

和ランだそうです。

花びらがグリーンでちょっと地味ですけど

涼しげで綺麗です。

和ラン

花の雪 / 塗装blog

やっと晴れ間が広がってくるようになりました。

仕事の遅れを取り戻すように頑張らなければなりません。

事務所の片隅に咲いている小さな花

じっと見ていたら、雪が降っているように見えました。(^_^;

私だけでしょうか?

花の雪

DIY塗装してみませんか ローラー編 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、前回の刷毛の使い方に続きローラーの使い方です。

ローラーは、ローラーカバーに3インチ~9インチのローラーを使用目的にあわせて使います。平滑な面には短毛、凹凸がある面には中毛、大きな凹凸がある面には長毛、と使い分けます。

一般的には、オールラウンドの中毛が一番扱いやすいでしょう。

ローラー塗りのコツ

①ローラーはトレイの中の塗料に2分の1程度浸し、何回もころがして均一に塗料を付けましう。

②塗料が落ちるのを防ぐため、塗る面に軽く当てて塗りだし、徐々に力を入れるようにしましょう。 

③ローラーは、W型に軽く動かし塗料を配りましょう。

④塗料をのばすような感じで塗り残しが無いように広げましょう。

⑤仕上げには、下から上へ軽く転がし塗面の肌を整えるように仕上げましょう。

⑥ローラーは、あまり早く動かすと跳ね返り飛散の原因になるので飛ばない程度にゆっくり動かしましょう。

DIY塗装してみませんか ローラー編

DIY塗装最初から見る場合は、DIY塗装してみませんかまでどうぞ

DIY塗装してみませんか?刷毛の使い方 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は屋根や外壁に続き、刷毛の使い方です。

塗装に使う刷毛の使い方

ご自分で,塗装する場合の扱い方、ちょっとしたコツをご説明します。

塗装の刷毛(ハケ)

ハケは、隅や塗りにくい所を塗る小物用刷毛からスジカイ刷毛、平刷毛などあります。また、塗料の種類により水性には、水性刷毛、油性にはペイント刷毛ステイン用には、ステイン刷毛かニス刷毛が最適です。最近では、水性油性兼用刷毛もあるようです。

DIY塗装してみませんか?刷毛の使い方

刷毛塗りのコツ 

①ハケに塗料をつけるときは、毛先から3分の2位までに塗料を含ませ、容器の縁で軽くしごき、たれないようにしてハケをもっていきましょう。

②ハケは軽く握り押さえすぎないようにして塗料が垂れないようにしましょう。

③塗料は、塗る面に平均的に配り塗り残しがないように広げましょう。

④最後に仕上げるために、右から左又は上から下へと力を入れず、一方向へハケをそろえるようにして仕上げましょう。

DIY塗装最初から見る場合は、DIY塗装してみませんかまでどうぞ

久しぶりの晴れ間 / 塗装blog

久しぶりの朝日☀️☀️

この天気が続けば良いのですが。

写真は、久しぶりの朝日を浴びる事務所花壇の花々

嬉しそうです。。(^ν^)久しぶりの晴れ間

DIY塗装してみませんか 屋根や外壁 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は前回倉庫等金属製品に続き屋根や外壁のDIY塗装についてです。

屋根や外壁のDIY塗装について

屋根や外壁をDIYで塗装しょうと考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、当社としては、あまりお勧めできません。

なぜなら屋根や外壁の塗装には多くの危険が潜んでいるからです。

①転落の危険・・・・・・・・脚立やハシゴで作業する場合多くの落下の危険が

あります。

私たち作業に慣れているプロでも日々危険と隣り

合わせで作業を行っていますが、落下事故は0で

はありません。

作業に集中しすぎて足を踏み外したり、塗った塗

料に滑って転落したりなどの事故があり危険です

②施工不良の危険・・・・・・屋根や外壁を塗装する場合、入念に下地処理し傷

み具合にあった

工法と塗料で塗装しなければなりません。

せっかく塗ったのにすぐ剥がれたり、ひび割

てしまったりする ケースも見受けられ、塗り直

しが出来なくなる危険なケースもあります。

③塗りむら・塗り厚の危険・・屋根や外壁には、最適な塗り圧があります。

大きな面積を塗り厚を替えずに綺麗に塗ること

は、非常に難しものです。せっかく塗ったのにム

ラがある塗装になったりする危険があります。

以上の理由でDIYで屋根や外壁を塗装することを当社ではお勧めしておりません。

外壁などのひび割れをちょっと補修したり、ウッドデッキや倉庫をなど安全で楽しく出来る範囲でDIY塗装を楽しんでいただけたらと思います。

DIY塗装最初から見る場合は、DIY塗装してみませんかまでどうぞ

 

 

DIY塗装してみませんか 倉庫等金属製品 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、木部塗装に続きプレハブ倉庫などの金属製品んp塗装の仕方についてです。

当社で、ウッドデッキの次にお問い合わせが多いのがプレハブ倉庫の塗り替えです。

倉庫がさびたり、触るとチョークの様な白い粉がついたり(チョーキング現象)するので自分で塗り替えてみたいというご相談を良く受けます。

金属製品は、塗料の吸い込みが無く塗料が垂れやすいので注意が必要です。

DIY塗装してみませんか 倉庫等金属製品

倉庫等金属製品の塗り方

①塗料が付いたらいけない部分を養生する。

②サビが出ている部分は、サンドペーパー(200~300)番程度でサビを落とす。

③塗料の接着が良くなるように全体に軽くサンドペーパー(300~400)をかける。

ポイント!! ここは、重要です。あまり力を入れず、目荒らしする程度に軽くまんべんなく当てましょう。

④チョークのような粉(チョーキング)が浮いているときは、絞ったぞうきんでふきとる。

⑤サビが出ているところにさび止めを塗る。

ポイント!!全体にサビが出ているときは全体に、部分的に出ているときはその部分だけで良いでしょう。

⑥全体を塗装する。

ポイント!!金属は塗料を吸い込みませんので、流れやすくなります。薄めすぎに注意して厚塗りを避けましょう。

⑦塗料が乾いたら2回目を塗装する。

ポイント!!金属も塗料が透けやすく2回塗りが基本です。1回目は多少透けてもかまいません厚塗りを避けてきちんと塗りましょう。

⑧塗料が乾いたら養生を外して完成

木部・金属部分に適した塗料

金属で出来ている物の塗装は、造幕系塗料です。ホームセンターなどでは、多くの水性系や油性系の木部・金属兼用の塗料が販売されています。最近では、水性系のシリコンやフッ素の材料が多く、開発販売されています。臭いや塗りやすさの点から見て水性系の材料を中心にそれぞれの用途に合わせて使うと良いでしょう。

DIY塗装最初から見る場合は、DIY塗装してみませんかまでどうぞ

 

雨 / 塗装blog

ずーっと雨ですね。

大雨の被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

これ以上被害が広がらないと良いのですが。

写真は、雨の合間のセンニチコウです。

雨

DIY塗装してみませんか 木部塗装 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は前回のウッドデッキの塗り方に続き木部塗装についてです。

木部の塗り方

ウッドデッキ塗装の所に書きましたが塗装する部分が、浸透系塗料で塗装されているか、造膜系塗料で塗装されているか確認する必要があります。

浸透系塗料で塗装されている場合は、ウッドデッキ塗装の仕方と同じで方法ですから、ここでは造幕系塗料の仕方についてご説明します。

木部塗装の仕方(造幕系塗料の場合)

①塗料が付着してはいけない部分を綺麗に養生する。

ポイント!!造幕系塗料は付着するとなかなか取れませんので注意しましょう。

②塗料が剥がれている場所浮いてる場所は、丁寧に塗料を剥がす。

③塗料が剥がれていない場所でも塗料の接着を良くするためサンドペーパー(300番程度)で全体にペーパーを当てる。

④塗料を平均的に配り塗り残しが無いように塗装する。

⑤塗料を十分乾かしてからもう一度塗る。

ポイント!!刷毛目が出ないように一方方向に揃えて塗ると綺麗に仕上がります。

⑥塗料が乾いたら養生を外して完成。

※新しい木に塗る時や、塗装が剥がれている所を塗る時は吸い込みが激しいのでなかなか綺麗に仕上がりません。最初に木部用下塗り塗料を塗ると仕上がりが早く綺麗に出来ます。

DIY塗装最初からご覧になる場合は、DIY塗装してみませんかからどうぞ

DIY塗装してみませんか ウッドデッキ編 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、前回サイディングのシーリングに続いてウッドデッキの塗り方です。

ウッドデッキの塗り方

当社でお客様からDIY塗装で一番お問い合わせが多いのがウッドデッキの塗り方についてです。

ウッドデッキは、日当たりが良く雨が直接かかる場所に設置されていることが多く、放っていると腐れてしまいます。

ウッドデッキは一番DIYで塗装しやすい場所にありますので、チャレンジしてみるのに一番最適なのではないでしょうか。

ウッドデッキDIY塗装の前に

まず最初にウッドデッキが今まで何で塗装してあるのかを、確認する必要があります。

基本的にウッドデッキは、木材の内部に染みこませて木材を着色保護する浸透系(ステイン系)

で塗装されているのがほとんどですから、浸透系塗料で塗装します。

しかし、まれに木材に膜を張らせて着色保護する造膜系塗料で塗装されていることもあります。

その場合は、同じく造膜系塗料で塗装する必要があります。

※簡単に言いますと木目が見えているのが浸透系、木目が見えないのが造幕系になります。

ウッドデッキの塗装の仕方

まず、ウッドデッキに塗る浸透系塗料は、十分に塗装効果を発揮させるためには、塗る前に良く乾燥させることがポイントとなります。晴天がつつきウッドデッキをしっかり乾燥させてから塗装しましょう。

①汚れていけない土間のセメント等を養生(保護)する。

ポイント!!浸透系塗料は水みたいにさらさらした塗料ですから落ちやすいで汚さないようにしましょう。

②ウッドデッキに着いてる汚れや、藻・カビなどを固く絞ったぞうきんなどで綺麗に取り除く。

③ウッドデッキの表面がささくれている場合は、紙やすり( 200~300番程度)で綺麗にする。

④塗料を塗る前に良く攪拌する。

ポイント!!浸透性塗料は成分が沈殿していることが多いので良く攪拌する必要があります。

⑤木目に沿って塗装する。

ポイント!!塗りむらが出やすいので、綺麗に塗装するためにまず塗りにくい所を塗って、板一枚ずつ通して丁寧に塗りましょう。

⑥1回目の塗装が乾いたらもう一度塗る。

ポイント!!ウッドデッキに塗る浸透系塗料は、1回塗っても効果を発揮しません。最低でも2回塗り、吸い込みが激しい部分は、それ以上塗りましょう。

⑦塗料が乾いたら養生を外して完成。

ウッドデッキ塗装におすすめの塗料

①キシラデコール・・・私たちプロも使う信頼おける塗料です。

防腐・防かび・防虫効果があり多くの公共の建物から、文化財まで多くの実績があります。

非常によい材料ですがデメリットとしては、油性ですから少し臭いがありす。 臭いが気になる方は、水性タイプの水性キシラデコールの方が良いでしょう。

DIY塗装してみませんか ウッドデッキ編

 

②ガードラックアクア・・DIY塗装にお勧めの水系の木材保護塗料です。

隠蔽性がありますので、1回塗りでも仕上がります。

工期短縮したい人にお勧めです。

DIY塗装してみませんか最初から見る場合はこちらからどうぞ

アゲハチョウ / 塗装blog

アゲハチョウ毎年事務所のレモン🍋の木にやって来ます。
卵を産み付けた瞬間です。
今年も育てます。🦋

DIY塗装してみませんか・サイディングシーリング編 / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

DIY塗装今回は、前回の室内シーリングに続き、外壁 サイディングのシーリング(コーキング)についてです。

★サイディング壁の場合・・・シーリングで一番お問い合わせが多いのがサイディング壁の目地のシーリングについてですが、非常に目立つ部分ですから慎重に行う必要があります。サイディング壁の目地は、動きが大きいので、低モジュラス(LM)の柔らかいシーリング材を使う必要があります。

変成シリコン系が最も多く使用され色も豊富なので一番良いでしょう。

DIY塗装してみませんか・サイディングシーリング編

 その場合必ず低モジュラス型(LM)シーリングノンブリード型か窯業系サイディングシーリング材ノンブリード型を使用しましょう。

サイディングのシーリング手順

❶目地のシーリング材をカッター等で切って撤去する。

❷取りにくい場合はラジオペンチなどで撤去する。

❸サイディングの端に残ったシーリング材をカッターでこさぎ落とす。

ポイント!!

サイディングの小口が見えるまで綺麗に落とさないと外れの原因になります。

❹目地の両側にマスキングテープを貼る。

ポイント!!

かならずシーリング専用のテープを使い何日も放置しないようにしましょう。

DIY塗装してみませんか・サイディングシーリング編

 

❺目地底にハットジョイナー等があればボンドブレーカーを、ない場合はバックアップ材で、三面接着を避けるためを目地深さに応じて貼る。

ポイント!!

シーリングは、深さ8ミリ以上ないと効果が発揮できません。シーリング材の深さが8㎜以上

になるようにしましょう。

❻プライマーをむらなく塗る。

ポイント!!

プライマーを塗らないと全く強度は出ませんし,すぐ外れてしまいます。使うシーリング材指定のプライマーを使いましょう。

❼プライマー後30分から八時間内にシーリング材を充填する。

❽押さえ込むようにヘラで押さえて平滑に仕上げる。

ポイント!!

プライマーを塗ったあとは、その日の内に仕上げまで行いましょう。

❾シーリング材が硬化しない間にマスキングテープを外して完成。

※三面接着とはサイディングの左右の小口と目地底の三点を接着してしまうとシーリング材が目地の動きに対応して伸縮しようとしても、目地底と接着しているのでその動きに対応できずはずれてしまう現象を言います。三面接着を避けるためにはその目地の深さによってバックアップ材を入れるか、シーリング材が接着しないテープ(ボンドブレーカーという)を、貼ります。

*目地幅や目地深さを小さくしてしまうと、小量の材で動きを吸収しなければならなくなるため、材が切れやすくなります。

下の図くらいの目地幅、目地深さを取ることが望ましいと思われます。

今回取り上げたサイディングは窯業系サイディングと呼ばれているものです。熊本ではほとんどこれが使われています。窯業系サイディングは、地震や火災に強く多くの種類があります。その反面吸水性があり、しかもクラックや目地切れの部分は、よく水を吸いますので早めの対策が必要です。

DIY塗装してみませんか最初から見られる場合はDIY塗装してみませんか

DIY塗装してみませんか。室内シーリング / 塗装blog

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は前回の浴室シーリングのやり方に続き室内のコーキングについてです。

★室内の場合・・・室内の壁や床の隙間や、クロスと壁の隙間などは、防水性など必要ありませんので扱いやすいノンブリード型アクリル系シーリング材が良いでしょう。又、それほど強い接着性は要りませんのでプライマーも不要だと思われます。

室内シーリングの手順

❶汚れてはいけない場所にマスキングテープを貼る。

❷コーキングを適量注入しコーキングヘラや、場所によっては固く絞ったスポンジの角などで押さえる。

❸マスキングテープを剥がして完成。

最近は、ホームセンターにチューブに入ったアクリルシーリング材が多く売られています。白色から濃い色まで色々ありますから、シーリングする廻りの色にできるだけ近い色を選べばあまり目立たずきれいに仕上がります。

DIY塗装してみませんか。室内シーリング

最初から見られる場合は、DIY塗装してみませんかでどうぞ