熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

熊本塗装blog

モルタル壁に最適な塗装② / 塗装blog

前回はモルタル壁の構造でしたが今回は、そのモルタル壁の劣化の仕方についてです。

モルタル壁の劣化の仕方

モルタル壁の劣化の仕方も基材の劣化と塗装の劣化の2種類に分けられますのでそれぞれの劣化についてご説明します。

モルタル壁基材の劣化

モルタル壁基材の劣化は、モルタル壁そのものに起因した劣化現象です。

①欠損・・・・モルタル壁の一部が欠けている状態

モルタル壁に最適な塗装②

②ひび割れ・・モルタルに我が生じている状態で、クラックまたは亀裂とも言います。 

モルタル壁に最適な塗装②

③浮き・・・・モルタルと下地の間または、モルタル層の内部に隙間が生じた状態

モルタル壁に最適な塗装②

 

④さび・・・・ラス金網やステープル金属が腐食してさびが出た状態

モルタル壁に最適な塗装②

 

モルタル壁仕上げ塗料の劣化

モルタル壁仕上げ塗料の劣化は、モルタル壁の保護装飾を目的に塗装されている仕上げ塗料材そのものの、経過年数などによル劣化です。

①汚れ・・・・大気汚染物質や手垢、カビ・藻などの繁殖している状態 

モルタル壁に最適な塗装②

②光沢度低下・つや有り塗料材の光沢が低下した状態 

モルタル壁に最適な塗装②

③割れ・・・・塗膜に裂け目ができる現象。モルタルのひび割れに起因するものとは分けられる。 

モルタル壁に最適な塗装②

④ふくれ・・・・塗膜が、空気や水分などを含んで塗膜の内部が盛り上がる現象 

モルタル壁に最適な塗装②

⑤変退色・・・・塗装表面の色が変色又は、退色した状態

モルタル壁に最適な塗装②

 

⑥チョーキング・塗膜表面が劣化し、触るとチョークの粉みたいなものが手につく状態。白亜化とも言います。 

モルタル壁に最適な塗装②

⑦はがれ・・・・塗膜が付着力を失いモルタルから剥がれた状態。

モルタル壁に最適な塗装② 

⑧藻・カビ・・・北側の壁面や、湿気が多い壁面に藻やカビが繁殖した状態

モルタル壁に最適な塗装②

次回は以上のように基材の劣化や塗料の劣化に対してどのような下地処理が必要かについてです。

 

モルタル外壁に最適な塗装について / 塗装blog

モルタル外壁塗装と一言で言っても、その塗装の目的と塗料の種類においては、何百種類の工法と種類があります。

ここでは、フジモト創社の地元熊本で多く使用されている塗料とモルタル外壁塗装に最適な塗料ついてご説明します。

熊本の住宅外壁モルタル壁の住宅

モルタル外壁に最適な塗装について

まずはモルタル壁の構造は 

モルタル壁の構造・・・塗り厚は、15mm~25mm

①モルタル壁の構造・・・住宅のモルタル壁は、一般的に柱・間 柱の上にフェルトと呼ばれる防水紙を貼り、 その上に金属製のラス金網を貼った下地に、 現場調合したモルタルを、左官がコテで仕上 げた壁です。

モルタル外壁に最適な塗装について

そのモルタル壁の厚みは、防火地区で20mm以上、準防火地区・無指定で15mm以上です。

あまり厚塗りすると剥離する恐れがありますので、最大25mm以下が基準です。

一般的に1度の塗り厚は、7mm以下を原則としていますので、2回塗り15mm程度が多いと思われます。

15mm以下の場合は、モルタルの塗り厚不足となります。

次回は、そのモルタル外壁の劣化についてです。

 

シーリング工事 / 塗装blog

熊本市北区龍田町弓削M様邸シーリング打設工事に入りました

まずは、プライマーを塗り残しが無いように塗っていきますシーリング工事 シーリング工事

そしてインターバルを置いてシーリング材を打設していきます

シーリング工事

へらで綺麗にそして確実にならしていきます

シーリング工事

ご覧の場所は、仕上げ材にダークブラウン色を使うため、ダークブラウン色で打設します。

そして仕上げ材がホワイトの場所には白のシーリング材を打設していきます

シーリング工事

ご覧のように綺麗に仕上がりました。

シーリング工事

大和町屋根吹き替え完了 / 塗装blog

大和町のF様邸屋根葺き替え工事が完了しました。

大和町屋根吹き替え完了

壁面の塗り替えや壁面の傷んだ部分のサイディング貼りなど約1ヶ月位かかりました。最初は、気持ちよい秋でしたが、終わったのは、道路が凍る冬でした。

大和町屋根吹き替え完了

柱補修工事 / 塗装blog

熊本市新南部K様邸西面柱塗装工事中に腐れがあることが分かりましたので、補修工事を行うことにしました。

サイディングを外してみると

柱補修工事

大工さんもびっくり柱4本とも腐ってました。住宅が2X4で出来ていますのですぐ落ちてしまうことはないのですが、非常に危険な状態です。

柱補修工事

原因は、サイディング目地のシーリングが外れてしまった状況が長くあったことから、長い間に雨水が染み込み徐々に腐りにつながったようです。

柱補修工事

下地を全面的にやり替えました。

写真は何かを隠しているのではありません。撮影中私の手が写ってしまいました。失礼しました。

内部が腐っていることを私がご説明しても、ほんとに腐っているのって思っていたみたいで、この状況を見られほんとにびっくりなさっていました。

当社は、ただ単に塗装だけ行えば良いとは思っておりません。下地をしっかり直し補修した上で塗装を行わなければ、家を長持ちさせることは出来ません。

玄関柱入れ替え / 塗装blog

今日は、玄関柱の交換作業です。

アルミ製の柱という選択もありましたが加重がかなりかかっているため檜の柱を立てることにしました。

玄関柱入れ替え

柱を外したところです。

玄関柱入れ替え

取り替え完了です。

屋根プライマー塗り / 塗装blog

熊本市新南部K様邸屋根塗装工事に入りました。

洗浄時あれ程塗膜が取れてしまいましたので、シーラーは、日本ペイントのファイン浸透シーラーを、使用します。

このシーラーは、悪くなった基材内部に浸透して内部から固めるシーラーです。一度塗りで効かない時は再度塗ります。

屋根プライマー塗り

  • 屋根プライマー塗り

駐車ブロック取り付け / 塗装blog

今日は、いつもお世話になっている良町K様邸の駐車場の駐車ブロック取り付け工事です。

駐車ブロック取り付け

まずは位置決めを行います。

駐車ブロック取り付け

鉄筋を打ち込むためにコンクリートに穴を開けます。

駐車ブロック取り付け

鉄筋打ち込むだけでも良いのですが今回は、駐車ブロック専用の接着剤も塗りました。

駐車ブロック取り付け

そして鉄筋を打ち込みます。

駐車ブロック取り付け

完成です。