熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

塗装工事前のカビ・藻の洗浄

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今回は、塗装工事前に藻・かびの発生が著しいお客様の住宅にワンステップ・スプレークリーナーで事前処理を行ないました。

ご覧のようにカビ・藻が酷く発生している場所に日本窯業外装材協会が、推奨するワンステップスプレークリーナーを5倍希釈し、藻・カビに直接スプレーしていきます。

塗装工事前のカビ・藻の洗浄 塗装工事前のカビ・藻の洗浄

下記の写真は処理後3日目の写真です。

1部残ってますが、ほとんど死滅しています。

このクリーナーは藻・カビに浸透していき、30分位から一週間位かけて徐々に枯れて死滅させていきます。

 

塗装工事前のカビ・藻の洗浄

てんとう虫

おはようございます☀
なんか重苦しい空気の中
てんとう虫🐞で気持ちだけでも
少し明るくなれば( ◠‿◠ )

てんとう虫

通りかかった美里町の桜

満開でした。

桜

 

レンゲ畑

この前は、ホトケノザ畑でしが、
今度はレンゲ畑
ドライブ🚙途中で見つけました
*\(^o^)/*

レンゲ畑

ホトケノザ畑

散歩中レンゲ畑かと思って
近づいてみると👀
ホトケノザ畑でした(╹◡╹)

ホトケノザ畑

菜の花とミツバチ

今日は、暖かく良い天気でしたね☀️
菜の花と蜜蜂🐝
ハエじゃないよ( ◠‿◠ )

 

  1. 菜の花とミツバチ

ヒメウズ

道端に密かに咲いてる
ヒメウズです。
とても小さな可愛い花です( ◠‿◠ )

ヒメウズ

黄色の日本タンポポ

西洋タンポポはいっぱい咲いているのですが

やっと見つけた

黄色の日本タンポポ

黄色の日本タンポポ

桜色の椿

我が家の庭に桜が咲きました。
桜と言っても椿ですが
桜という名前の椿
多分、色が桜色という事でしょう(#^.^#)

桜色の椿

シロバナタンポポ

日本🇯🇵在来種の
シロバナタンポポが、
田舎の土手に咲いていました。
非常に珍しいそうです。( ◠‿◠ )

シロバナタンポポ

野の花

奥から
菜の花・ナズナ・ホトケノザ
春の野の花トリオです*\(^o^)/*

お客様の家の前の畑

野の花

 

ハナニラ

いつもの散歩道
ハナニラ発見
夕陽を浴びて綺麗( ◠‿◠ )

ハナニラ

外壁塗装・屋根塗装のご近所トラブル

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

お客様の住宅の塗装工事を行う際は、

足場をきちんと仮設し、塗料の飛散防止のネットを張る。

迷惑駐車をしない

現場の材料ゴミなどをきちんと整理する

施工時間を守る

できるだけ音を押さえてご迷惑をおかけしないようにする

など最大限ご近所様に配慮します。

しかし、塗装工事も人間がするものです。

どんなに気をつけて作業を行っても全くトラブルが、

無いわけではありません。

足場から材料を落としてしまいお隣の家を汚してしまった。

何らかの理由で塗料が車に付着してしまったなどなど

何かトラブルが発生した場合、当社では、迅速に対応をとらせていただいてます。

まず。トラブルがあったことをお詫びし、解決策、トラブルを防止する方法を、

きちんと行い、対応させていただいてます。

そして、そのようなトラブルに対応するために建設業用の賠償責任保険に加入し

もしもの場合にご対応させていただいています。外壁塗装・屋根塗装のご近所トラブル

ルリカラクサ

ルリカラクサ

事務所の庭にある
野の花のコーナーの
オオイヌノフグリです。
犬の陰嚢という意味です。
可愛い花なのにちょっと・・・
別名瑠璃唐草と呼ぶそうです。
瑠璃色は、ラピスラズリのような色
ルリカラクサの呼び名が
似合っていると思う( ◠‿◠ )

壁面塗料検証

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

今日は、益城町広崎F邸のサイディング塗装に使用しました塗料の検証です。

2014年6月にサイディングを塗装したE社の塗料ですが、

焦げ茶色濃色を使いました。濃色は色あせがしやすいため

色抜けがしにくいと言うE社の材料を使用したのですが、

6年目の結果が写真の通りです。

壁面塗料検証

南面内側 日当たりなし

 

壁面塗料検証

南面 日当たり面

南面のベランダですが、日が当たらない内側は、色落ちが無くつやもあり、

藻やカビもなく6年目にしては、綺麗だと思います。

しかし、日当たり面に関しましては、色あせ・劣化が著しく、つやも飛び

まるで白黒写真のようです。

サイディングは、蓄熱しやすく濃色は、特に基材温度が上がります。

このE社の材料は、遮熱性能もあり耐久年数は15年は持つように良いことが

書いてあったのですが、6年でここまで劣化、色・つや落ちしてしまうのでは

使用することは出来ません。

フジモト創社では、今後使用材料リストから除外します。

 

屋根塗装 タスペーサーの必要性

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

ここ熊本でもカラーベスト(コロニアル)の屋根がずいぶん増えてきました。
このカラーベスト屋根の場合、塗装後に屋根瓦の縁切りが必要です。

カラーベストの表面には、雨水排出や、通気性を目的とした溝が付いています。
しかし、この隙間を塗装することで塞いでしまい、屋根材の合わせ目に侵入した
雨水や、毛細管現象により吸い上げられた雨水が、排出されにくくなり、屋根裏面
に雨水が浸透し、屋根下地の腐れや、雨漏れの原因になります。

そのため、屋根を塗装した場合、この隙間をもとの状態に戻す為に縁切りが必要に
なる訳です。
しかし、業者である私が言うのは何ですが、これが非常に大変です。
以前のように、吹き付け塗装をしていた頃はまだ良かったのですが、最近は、ほとんど
ローラーによる施行ですから、溝が埋まりやすく、さらに最近の塗料は非常に強く
なってますから、これを奇麗に縁切りすることは、難しいというのが現状です。
きっちり縁切りしようとするとせっかく塗装した瓦を汚してしまいます。
そんなこともあり、この縁切りをきちんと行なっている業者は、かなり少ないと
思われます。

そこで、この面倒な縁切り作業を確実に行ってくれるのが、このタスペーサーです。


タスペーサーを屋根材の間に挿入することにより、安全に確実に通気性を確保し、
下地の腐朽から建物を守ります。

このタスペーサーは、お客様の家を守る為に屋根に取り付けるのですが、私たち
業者からしても、今まで面倒だった縁切り作業が確実に行なえ、私たちも助かる
工事ですから、当店では、このタスペーサー挿入工事は、追加料金なしの標準
工事としています。

ハーデンベルギア

玄関先に咲いてる
ハーデンベルギアという
蔓性植物、今まで気づきませんでしたが、
とても綺麗😊
名前が分からなかったんですけど
先日植木市に行って、
教えてもらいました*\(^o^)/*

ハーデンベルギア

今日の夕暮れ

今日も良い天気でした。☀️
ウォーキング途中にある
水神さまと夕暮れです( ◠‿◠ )

今日の夕暮れ