熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

熊本市南区N様邸

シーリング打ち替え作業を進めてます!

既存のシーリングの撤去。

熊本市南区N様邸 熊本市南区N様邸

見るからに劣化が進んでます。

いつものように撤去→シーリングテープ→専用プライマー→シーリング打設

の流れで進めていきました。

熊本市南区N様邸 熊本市南区N様邸

熊本市南区N様邸

シーリングの打ち替えが完了したら。打設したシーリングが完全に効果するまで、何日か養生期間をとります。

その後、高圧洗浄していきます。

 

 

益城町S様邸

雨戸の塗装をしました。

塗装面を掃除し、今回は吹き付けで塗装しました。

吹き付けで使う機械は、アバック 低圧温風塗装機

使用させてもらいます。こちらの機械説明すると長くなりますが、

簡単に言うと、ほとんどと言っていいほど飛散しないので

(強風時などはもちろん風に負けます)

愛用させてもらってます。

この日の熊本は、風もほとんどなく吹き付け塗装にはもってこいでした!

益城町S様邸

益城町S様邸準備完了。

益城町S様邸吹き付け完了。

使用材料はニッペファインシリコンフレッシュ

2コート仕上げにしました。

色は現状希望でしたので、調色対応させていただきました。

 

 

 

益城町S様 防水工事

前回の防水の続きを進めていきます。

今日は防水の中塗りを施工させていただきます。

今回使ってる「ニッペパーフェクトプルーフ」は

中塗りが2コートです。今日は中塗り1コート目です。

益城町S様 防水工事防水専用ローラーを使って施工します。

益城町S様 防水工事

 

 

 

 

益城町S様 防水工事

中塗り1コート目の完了です。

 

益城町S様邸 防水工事

ベランダの防水を進めました。

益城町S様邸 防水工事

FRP防水からのウレタン系の防水に施工させて

頂きます。

高圧洗浄は済んでるので、チリやホコリを掃除して、

アセトンで拭き上げてから、プライマーを塗ります。

このアセトン拭き上げは、FRPの表面にあるワックスの油膜成分を

アセトンで拭き取る工程です。ここでしっかり拭き上げて取らないと

プライマーを塗っても剥がれてしまうので、重要な作業です。

今回は、ニッペパーフェクトプルーフで施工していきます。

益城町S様邸 防水工事

アセトン処理まで終わったんで、プライマーを

塗りました。やはり若干匂いはきついですね。

この上に中塗りを2工程します。

 

 

益城町S様邸

前回中塗りまで完了しているので、

今日は、外壁塗装の上塗りトップコートを塗ります。

最近の熊本は秋の良い天気が続いて作業にはもってこいですね!

益城町S様邸 益城町S様邸

2液型になるため、材料の主剤と硬化剤の比率を間違えないように、

計算して秤を使って材料を作って塗ります。

益城町S様邸 益城町S様邸 益城町S様邸

材料に余裕があった為、もう1コート塗らせていただきました。

並行して破風板の塗装も進んでます。

材料は「キシラデコール」ウォルナットになります。

よく材料を吸い込みそうな破風の状態ですのでたっぷり染み込ませる

ように塗りました。

益城町S様邸塗装前。

益城町S様邸1コート。

1コート塗ったらその日はおいて翌日に2コート目を

塗りました。

益城町S様邸2コート目。

木部の状態や仕上がりの見た目によって

さらに塗る場合もあります。

次回はベランダ防水も進めて行こうと思います。

 

益城町 S様邸

前回、下塗りの浸透シーラーの塗装が終わったため、

今日は中塗りの工程になります。

今回は、「ニッペパーフェクトセラミックトップG」

水性2液形セラミックハイブリッド超高耐候超低汚染無機系塗料

という材料を選んでいただきました。

こちらの材料は、流行りのラジカル制御技術にセラミックハイブリッド技術を

融合することで、フッ素樹脂塗料を超える高耐候性を実現しました。

それと、この材料は「パーフェクトセラミックトップG中塗り」

という専用の中塗り材を使用します。

益城町 S様邸

材料は使う前の攪拌を忘れずに!

益城町 S様邸

1階2階色分けです。

刷毛とローラーで塗装していきます。

益城町 S様邸益城町 S様邸

材料が透けてるとこや、後滴れもあるので確認しながら塗ります。

益城町 S様邸

中塗り完了しました。

次は上塗りになります。

益城町 S様邸

益城町 S様邸益城町S邸

益城町 S様邸益城町 S様邸

既存シーリング撤去後、マスキングし、専用プライマーを塗布し、打設しました。

益城町 S様邸

シーリングの打ち替えが完了してますので、

養生、下塗りのシーラーを塗ります。

益城町 S様邸

今回は、日本ペイントのファイン浸透シーラーを使用します。

透明で塗ったか塗ってないかわからないと思いますが、

塗った面が濡れ色になるまで塗布します。

益城町 S様邸益城町 S様邸

翌日、中塗りの工程を進めます。

壁 補修

今日は、塗装作業の下地補修です。地震によって動いて一部ボロボロになった

サイディングの補修を行いました。

壁 補修

まず2液型の浸透シーラーを濡れ色になるまで塗ります。

壁 補修

樹脂モルタルで施工。

壁 補修

ちょうど目地の位置だったのでシーリングまで。

その後、塗装になります。