熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

熊本の屋根塗装

屋根塗装工事完成

益城町S様邸の屋根塗装工事完成しました。

 

屋根塗装工事完成

黒く見えますが、コーヒーブラウン色です。

屋根塗装工事

益城町S様邸の屋根塗装工事

下地にかなりの劣化が、見受けられましたので浸透性シーラーを、使用しました。

写真は上塗り1回目の行程です。

屋根塗装工事 屋根塗装工事

屋根塗装工事前の下地処理

益城町S様邸屋根塗装工事に入る前の下地処理です。

屋根塗装工事前の下地処理

棟板金部分の釘打ち込み部分の釘が浮いている部分があり、カナヅチで打ち込んだ後、全ての釘止め部分にシーリング処理を、行いました。

屋根塗装工事前の下地処理

屋根塗装工事完成

菊池郡津久礼T様邸の屋根塗装工事完成しました。

屋根塗装工事完成

狭い所も綺麗に塗って

屋根塗装工事完成

綺麗に完成しました。

ありがとうございました。

中塗り工事

菊池郡津久礼のT様邸の屋根塗装工事サビ止め塗装工事が終わりましたので、中塗り工程です。

中塗り工事 中塗り工事

明日もう一度仕上げ塗り工事を行いますが、もう仕上がったみたいに綺麗です。

サビ止め工事

菊池郡津久礼T様邸の金属屋根瓦棒鉄板のサビ止め塗装工事です。

サビ止め工事 サビ止め工事

 

屋根工事

菊池郡津津久礼T様邸屋根と総工事が始まりました。

金属屋根昔で言う瓦棒鉄板です。

屋根工事

鉄板ですから高圧洗浄ではいけません、すべて目荒しのためにペーパーを当てていきます。

屋根工事

シーリングが打ってある場所も綺麗に剥がしてみると

屋根工事

ご覧のように錆びてしまっています。天釘打つこと自体が良くないのですが、綺麗にペーパーを当ててすべてさび止めを塗装する予定です。

屋根塗装完成

熊本市東区湖東I様邸屋根塗装工事が完了しました。

綺麗に仕上がりました。

屋根塗装完成

屋根塗装工事

熊本市東区湖東I様邸の屋根塗装工事始まりました。

前回ひび割れした瓦を全て交換した上で下塗りプライマーを吹き付けていきます

屋根塗装工事

通常は、ローラーで施工するのですが、和瓦は、作業性と仕上がりの良さが全然違いますのでエアレスによる吹き付け工事となります。

屋根塗装工事

熊本市東区湖東I様邸の瓦、セメント瓦なので再塗装を行うのですが、塗装前の点検をしていた所下の写真のようにヒビが入っているものが、何枚かありました。

一見ヒビが入っているだけで割れてはいませんが、これをひっくり返して見ると

ご覧の様に裏側に雨水が、染み出しているのが分かります。いくら良い塗装を行っても、この水漏れは、止められません。怪しい瓦は、すべて交換しました。

セメント瓦塗装

最近では、珍しくなってきましたセメント瓦の屋根塗装です。

セメント瓦塗装

結構傷みが激しく本来なら、瓦の葺き替えを、ご提案するのですが、瓦の下地で防水の役目を果たすルーフィングが、綺麗にやり替えてありましたので、今回はセラフィックというセメント瓦の素地を整える下地処理材を吹き付けて、塗装工事をすることにしました。

セメント瓦塗装

セラフィックとは、簡単に言うと傷んだセメント瓦の上にセメントで傷んだ部分に膜圧を付けて補修するものです。

写真は吹き付けした後です。

セメント瓦塗装

 

 

屋根工事

熊本市桜木M様邸屋根塗装工事終了しました。

綺麗に仕上がりました

屋根工事

ウレタン防水

龍田町弓削M様邸ウレタン防水主材2回目の施工です。

ウレタン防水

これで防水主材工事は終了です。

明日最後にウレタン防水保護トップコートを塗って完成となります。

 

ウレタン防水工事

龍田町弓削M様邸屋上防水工事です。

FRP防水がされていましたが、劣化が激しく今回ウレタン防水で防水工事を行います。まずはアセトンで全面を拭き上げプライマーを綺麗に塗っていきます。

ウレタン防水工事

インターバルを置いてウレタン防水主材を厚みを調整しながら塗布していきます。

ウレタン防水工事

明日もう一度ウレタン防水主材を塗布します。

 

屋根上塗り塗装

菊陽町F様邸屋根塗装仕上げ工事を行いました。

屋根上塗り塗装

2度目の上塗り塗装を行い

屋根上塗り塗装

綺麗に仕上がりました。

今日は転勤にも恵まれ気持ち良く無事終了できて良かったです。

屋根上塗り塗装

もちろん瓦棒鉄板も綺麗に仕上がりました。

 

屋根塗装中塗り

菊陽町F様邸屋根塗装工事中塗り工程です。

屋根塗装中塗り

水谷ペイント パワーシリコンマイルド上塗り1回目です。屋根塗装中塗り

仕上がったように綺麗になりましたが、明日もう一度上塗りを重ねます。

そして塀の塗装も行いました

屋根塗装中塗り 屋根塗装中塗り

屋根塗装下塗り

菊陽町F様邸屋根塗装下塗り工事です。

まずは、写真のようにセメント瓦自体が劣化している部分

屋根塗装下塗り

この状態では綺麗に仕上がりませんのでミズタニペイントのセラフィックスで下地を再生していきます。

屋根塗装下塗り

写真のように綺麗に再生されました。

屋根塗装下塗り

セメント瓦は、綺麗に仕上げるためには、どうしても吹き付け塗装になりますので慎重に塗装していきます。

屋根塗装下塗り

下塗りが完成しました。

この後上塗りを2回行いますが、インターバルを取るため明日に工事を行います。

屋根塗装下塗り

屋根塗装下塗り

屋根洗浄

菊陽町F様邸屋根塗装工事が始まりました。

今日は、屋根瓦の高圧洗浄工程です。

屋根洗浄

屋根プライマー塗り

熊本市新南部K様邸屋根塗装工事に入りました。

洗浄時あれ程塗膜が取れてしまいましたので、シーラーは、日本ペイントのファイン浸透シーラーを、使用します。

このシーラーは、悪くなった基材内部に浸透して内部から固めるシーラーです。一度塗りで効かない時は再度塗ります。

屋根プライマー塗り

  • 屋根プライマー塗り

屋根洗浄

熊本市新南部K様邸高圧洗浄工事を行いました。

屋根洗浄

このコロニアルを高圧洗浄してみると、

屋根洗浄

写真のように表面の塗装面が完全に剥がれ落ちました。26年間一度も塗装されていません。

良く見ると塗装面だけでなくコロニアルそのものの劣化も見うけられます。

これだけ劣化したコロニアルを綺麗に仕上げるためには、下地処理のシーラーが、非常に重要となります。

今回は、基材の中に入り込み基材を強化する浸透性シーラーを使用します。

蹴れだけ劣化していれば、多分2回は浸透シーラー処理が必要になると思われます。綺麗に長持ちさせるためには、しっかり工事しなければなりません。