熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

桜木M邸

熊本市東区桜木の住宅屋根・壁面塗装工事です。

施工後

桜木M邸

材料選択にあたって

新築後初めての塗り替えで、今のサイ ディングボードの模様をそのまま生かす 保護クリアーの選択もあったのですが、 お客様のご要望もあり、超低汚染型の リファインMF−IRを使用しました。 シーリングの劣化が著しかったため今 回は、超耐候型のオートンイクシード 15+を使用しました。 建物をしっかり保護し綺麗に仕上がり M様も大変喜ばれ、次回の塗装もよろ しくお願いしますと言っていただきま した。

棟押さえ釘の浮き上がり

桜木M邸

施工前

桜木M邸

築12年初めての塗り替え工事です。 屋根はセメント瓦、壁は窯業系サイディング作り です。 サイディングの一部に割れ、微細なひび割れが見 受けられました。 シーリングの劣化が激しく全面打ち替え工事にな りました。 屋根瓦は、一部コケの発生が見受けられ、経過年 数程度の傷みが見受けられました。 屋根棟瓦押さえの釘浮きが見受けられました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆幕板部分・・・三角シーリング処理

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根瓦・・・ズレ調整

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料一覧

屋根  水谷ペイント 2液パワーシリコンマイルド

壁   アステックペイント 2液リファインフッ素

基礎  菊水化学工業基礎ガード

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 アトミクス アトレーヌ水性防水

益城町安永H邸

上益城郡益城町安永の住宅 屋根・外壁塗装です。

施工後

益城町安永H邸

材料選択にあたって

既存壁面スキン塗装は、塗料が剥離しやすいため まず下地をきちんと固めるため浸透性シーラ ー処理を行い、ひび割れ処理した後、微弾性フ ィラー処理し防水性を高めました。 屋根は、遮熱塗料を選択。 壁は、藻の発生が多くみられましたので水谷 ペイントのナノコンポジットW防藻+を選択 。 壁面タイル貼り付け部分は、地震の影響で浮 き等ありましたので、全部打診チェック後、 エポキシ樹脂注入致しました。 壁面タイルの落下を気にされていましたが、 落下の心配もなくなり、屋根・壁綺麗に仕上 がり大変喜んでいただきました。

施工中

益城町安永H邸

施工前

益城町安永H邸

築15年目初めての塗り替えになります。 屋根は、カラーベスト 壁は、湿式モルタルに スキン塗装仕上げがされていました。 地震によるひび割れが多く見受けられ、裏に川が あるため壁面に多く藻の発生が見受けられました

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアドハー3500・ウルトラモルタル

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・タスペーサー・タスマジック補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根  日本ペイント サーモアイシリコン

壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットシーラー 壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットフィラー

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

武蔵ヶ丘U邸

熊本市武蔵ヶ丘の住宅 屋根・外壁塗装です。

施工後お客様と

武蔵ヶ丘U邸

材料選択にあたって

幕板等の劣化が著しく見受けられたため 幕板鉄板の全面撤去・幕板木部の全面撤去 やり替えを行いその上で幕板を保護するた め全面にサイディングを貼りました。 屋根は、瓦棒鉄板で、夏場高温になるため 遮熱塗料を施工しました。 壁面は、軽量鉄骨露出部分については、 全面さび止めを施工。 壁面ひび割れは、さほど見受けられません でしたので、微弾性下地処理を行いました。 実際に足場を掛け、幕板板金を外した所を U様がみられ想像以上の傷みに驚かれてい ましたが、きっちり補修できましたので、 大変喜んでいただきました。

幕板の腐れ部分

武蔵ヶ丘U邸

施工前

武蔵ヶ丘U邸

築45年の軽量鉄骨、屋根は瓦棒鉄板の建物です。 全体的に痛みが激しくトイの取り替え・幕板のや り替え等、補修工事からの工事になりました。 屋根鉄板は、塗料の剥離が激しく、全面的な処理 工事が必要でした。 幕板鉄板の劣化、木部の腐れ等見受けられました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆幕板部分・・・木部全面貼り替え工事/全面サイディング貼り工事

☆屋根部分・・・サンダー全面ケレン処理

☆壁面部分・・・樹脂モルタル補修

☆屋根板金・・・金属用シーリング・アルミ補修

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根  日本ペイント サーモアイシリコン

壁   日本ペイント パーフェクトトップ

壁下塗り 日本ペイント パーフェクトサーフ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

宇土市O邸

宇土市の住宅です。

施工後

宇土市O邸

材料選択にあたって

屋根コロニアルは、一部旧塗膜の膨らみ 等が見受けられましたので、今回は水性系 塗料で施工することにしました。 壁面は、下地にサイディングに劣化が見受 けられましたので、下地処理を入念に行い 明るくしたいとのご要望でしたので、お客 様とよく話し合いクリーム系の色で施工し ました。 玄関のタイルとも良くマッチして、明るく 綺麗になったとお喜びいただきました。

下地改修中

宇土市O邸

工事前

宇土市O邸

中古住宅を買われてからのリニューアル塗り替え 工事です。 屋根はコロニアル、壁は窯業系サイディング作り ・一部モルタルです。 サイディングの一部に割れ、微細なひび割れが見 受けられました。 屋根瓦は、一部ひび割れがあり、旧塗膜の一部に 膨れが見受けられました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆屋根板金・・・一部貼り替え工事

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根瓦・・・エポキシ樹脂注入処理

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料一覧

屋根  日本ペイント パーフェクトクーラーベスト

壁   日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

屋根割れ セイム タスマジック処理

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日特 プルーフロン

土河原町Y邸

土河原町にある住宅です。

施工後

土河原町Y邸

材料選択にあたって

屋根瓦は、綺麗にしていましたので前回と 同じ材料で塗装することにしました。 壁面は、液状化現象により多くのひび割れが 見受けられましたので、きちんとしたひび割 れ補修工事に重点を置いた工事を行いました。 また、壁面にお客様ご自身で補修した所が多 く見受けられましたので、補修後を目立たなく する塗料の選定を行いました。 屋根は、瓦の傷みがなかったので綺麗に仕上が り、壁面も補修跡が見えなくなり綺麗に仕上が りました。

瓦に開いた穴

土河原町Y邸

一部取り替え・オートンアドハー3500処理

施工前

土河原町Y邸

当社で二度目の塗装工事です。 熊本地震の液状化現象により建物が東西に約 10㎝ほど傾き最近水平に戻す工事を終わら れ、ご依頼をいただきました。 壁面は、湿式モルタルに吹き付けタイル仕様 ひび割れが多数発生しています。 屋根は、セメント瓦に弱溶剤塗装がされています。 セメント瓦にプレス時のものとみられる1㎝程度 の穴が多く見受けられました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆屋根穴・・・一部取り替え・特殊ウレタンパテ処理

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆トイ・・・一部取り替え

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料一覧

屋根  水谷ペイント 2液パワーシリコンマイルド

壁   日本ペイント DANフレッシュR

屋根割れ オートン化学 オートンアドハー3500

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

ひび割れ コニシエポキシ樹脂

基礎ひび割れ コニシボンドシリンダー工法

健軍Aアパート

熊本市健軍町にあるアパートです。

施工後

健軍Aアパート

材料選択にあたって

当店2回目の塗り替えで、地震での ひび割れが多く見受けられましたので 補修工事を中心に工事しました。 西側壁面は、一部モルタル撤去し、樹 脂モルタル補修を行いました。 足場があるときにしかできない壁の補 修等今回徹底的に行いましたので、た いへん喜んでいただきました。

壁面樹脂モルタル補修

健軍Aアパート

施工前

健軍Aアパート

築45年当店で2回目の塗り替え工事です。 屋根はセメント瓦、壁はモルタル造りです。 地震の影響でクラック、微細なひび割れが多く 見受けられました。 西面壁の劣化がひどく一部壁が浮いていました。 屋根瓦は、コケの発生が見受けられ、経過年 数程度の傷みが見受けられました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆幕板部分・・・エポキシ系下塗り補修

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆壁面部分・・・樹脂モルタル補修 ☆屋根瓦・・・ズレ調整

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根  水谷ペイント ナノシリコン

壁   日本ペイント パーフェクトトップ 壁下塗り 日本ペイント パーフェクトサーフ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

壁補修 日本スタッコ プレミックスカチオン 100

 

      

阿蘇市一の宮町U邸

熊本市一の宮にある住宅です。

施工後

阿蘇市一の宮町U邸

材料選択にあたって

サイディング窓の下部分に冬場の凍結が原因と思われるサイディングの劣化が多く見受けられましたので、劣化部分の撤去と補修に力を入れ、これ以上の凍結被害を防ぐため、雨だれストッパーを取り付けました。 破風板は、一部腐れて穴が開いていましたので、これ以上の劣化を防ぐためサイディングを貼りました。 地震の影響で基礎・犬走りに多くのひび割れが多く見受けられましたので、エポキシ樹脂と樹脂モルタルで補修しました。 屋根・壁の塗装は、コストパフォーマンスが良い日本ペイントのパーフェクトシリーズで施工しました。

雨だれストッパー取り付け

阿蘇市一の宮町U邸
壁面樹脂モルタル補修

施工前

阿蘇市一の宮町U邸
壁は、サイディング直貼り、シーリングの切れやサイディング自体に一部不具合が見受けられます。破風板に腐れ部分がありました。屋根はカラーペストです。

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入 ☆幕板部分・・・サイディング板補修 ☆目地部分・・・サイディングシーラント処理 ☆壁面部分・・・浸透性シーラー/樹脂モルタル補修 ☆屋根瓦・・・ズレ調整/タスマジック補修 ☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修 ☆犬走り・・・ウレタン系シーリング処理

使用材料一覧

屋根:日本ペイント ファインパーフェクトベスト 壁:日本ペイント ファインパーフェクトトップ 壁下塗り:日本ペイント パーフェクトサーフ 付帯物:日本ペイント 2液シリコンフレッシュ 壁補修:オートン化学 オートンアドハー3500 屋根:タスペーサー ケイミュー 雨だれストッパー