熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

熊本の塗装実績

西原町 K様邸塗装

阿蘇郡西原村のK様邸です。

施工後

西原町 K様邸塗装

築26年目2回めの塗り替えになります。 屋根は、カラーベスト 壁は、湿式モルタルに 吹き付けタイル塗装仕上げがされていました。壁面に地震によるクラックが多く発生してい ましたので、クラック処理を入念に行い、破風 板が木でできていたため塗料の剥離が著しく 認められたため、サイディングを貼りと塗装 しました。 壁は、藻の発生が多くみられましたので水谷 ペイントのナノコンポジットW防藻+を選択 しました。 壁面タイル貼り付け部分は、地震の影響で浮 き等ありましたので、全部打診チェック後、 エポキシ樹脂注入致しました。 屋根壁の色を思い切って変えられ、新しい家 になった見たいと大変喜んでいただきました。

施工前

西原町 K様邸塗装

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアドハー3500・ウルトラモルタル

☆屋根部分・・・タスペーサー・タスマジック補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料

屋根  日本ペイント ファインパーフェクトベスト

水谷ペイント ナノコンポジットフィラー

壁 水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

熊本市北区龍田町M様邸塗装

熊本市北区龍田町M様邸です。

施工後

熊本市北区龍田町M様邸

築26年目2度目の塗り替え工事です。 お隣のS様邸塗装工事をご覧になって 今回工事を行うことになりました。 熊本地震でクラックがかなりあり、一部 水漏れしている場所もありました。

施工前

熊本市北区龍田町M様邸

お隣のS様邸塗装工事を行ったのは6年 位前でしたが、よく覚えていて頂き今回 ご依頼を頂きました。お見積もりした段階で 一部雨漏れしている部分がありましたので、 その部分は、すぐ応急処理させて頂きました。 壁面のひび割れが多く見受けられ、屋根棟 板金の浮きもありましたので、綺麗に直し 破風板のサイディング貼りも行い、下地処理 に力を入れて塗装工事を行いました。 M様雨漏れも止まり綺麗に塗り変わって 大変喜ばれていました。

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500・ウルトラモルタル

☆幕板・・・サイディング板貼り替え

☆屋根部分・・・タスペーサー・タスマジック補修

☆トイ・・・縦トイ一部交換 ☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根   アステックペイント スーパー遮熱サーモ シリコン

壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットフィラー

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

防水 日本特殊塗料 プルーフロン

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ 軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

菊陽町 K様邸塗装

菊池郡菊陽町K様邸です。

施工後

菊陽町 K様邸塗装

築12年目初めての塗り替えになります。 屋根は、コロニアル 壁は窯業系サイディング です。

今回の塗り替え第一の目的は、色を変えたい と言うことでしたので、K様とは、とことん 色決めを行いました。 幕板に一部劣化が見受けられましたので、劣 化部分は、貼り替え工事を行いました。 K様が頭の中で思い描かれていたイメージに 近い色で施工でき仕上がりに大変喜んでいた だきました。 お土産までいただき本当にありがとうござい ました。

施工前

菊陽町 K様邸塗装

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500・ウルトラモルタル

☆幕板・・・サイディング板貼り替え

☆屋根部分・・・タスペーサー・タスマジック補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根  日本ペイント パーフェクトベスト

壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットシーラー

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

防水 日本特殊塗料 プルーフロン

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

植木町 I様邸塗装

熊本市植木町I様邸です。

施工後

植木町 I様邸塗装

築18年目初めての塗り替えになります。 屋根は、モニエル瓦のため下地処理が必要でした。外壁がALC(軽量気泡コンクリート) 壁面は、シーリングが劣化している状態で サイディング自体の劣化が見受けられた為 クリアー仕上げが出来ず塗りつぶし仕上げを 選択しました。

北側壁面に藻の発生が見受けられたため、 ワンステップスプレークリーナーで完全 除去作業を行いました。 瓦の外れ、ずれ等を全て調整し、修復しました。 塗装工事を行った息子様にご紹介をいただき 今回の塗装工事を行いましたが、とても喜ん でいただき本当にありがとうございました。

施工前

植木町 I様邸塗装

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・樹脂モルタル補修・瓦用シーリング補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

☆壁面藻・・・ワンステップスプレークリーナー

使用材料一覧

壁下地 水谷ペイント リフレッシュサフェーサーエポ

壁   水谷ペイント ナノコンポジットフッ素

屋根下地 水谷ペイント スラリー強化プライマー2

屋根 水谷ペイント 水性シリコン

防水 日本特殊塗料 プルーフロン

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

 

山の神I様邸塗装

熊本市東区山ノ神のI様邸です。

施工後

山の神I様邸塗装

築10年目初めての塗り替えになります。 屋根は、陶器瓦で、塗装の必要はありません でした。外壁がALC(軽量気泡コンクリート) でシーリングが劣化している状態でした。 また軒裏にカビが多く発生していました。

材料選択にあたって

壁面ALC継ぎ目部分には、全部ALC用シーリ ング材打ち替え工事を行い、軒裏のカビ部分 は、ワンステップスプレークリーナーで完全 除去作業を行いました。 屋根は陶器瓦で塗装の必要は、なかったので すが点検を行ったところ、瓦の外れ、ずれ などが多数ありました。地震後の点検が 適切に行われていなかったようです。 瓦の外れ、ずれ等を全て調整し、修復しました。 I様には、工事工程、屋根の状態等をその都度 報告しながら工事を行いました。 仕上がりにもご満足いただき、ご両親の家の 塗り替えもご紹介いただきました。

施工前

山の神I様邸塗装

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアドハー3500・ALCモルタル

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・樹脂モルタル補修・瓦用シーリング補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

☆軒のカビ・・・ワンステップスプレークリーナー

使用材料

壁下地 日本ペイント カチオンシーラー

壁   日本ペイント DANシリコンセラR

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

花立E様邸塗装

熊本市花立のE様邸です。

施工後

花立E様邸

建築後8年経過のサイディング造り、屋根はガルバリウムの金属屋根です。塗装をするには、少し早いのですが、熊本地震により壁面サイディング板がずれている部分が見受けられ、一部シーリングが外れてしまっている部分がありました。

とにかくずれているサイディングを直したい。そしてシーリングを綺麗に打ち直し塗装をしたいとのご依頼でした。

足場設置後最初に壁面サイディング板の修正を行いましたが、これが大変な作業で、ずれている部分全部外してずれを修正してはめ直しました。

結構大変な工事になりましたけど、新築時と変わらない位綺麗にサイディング板も戻って綺麗になり、こんなに綺麗に戻るとは思っていませんでしたと大変喜んでいただきました。

塗装も壁面を焦げ茶色から濃いブルーに変更してすっきり仕上がり非常に喜んでいただきました。

施工前

花立E様邸

 

 

下地処理

☆サイディングずれ・・・・外し再取り付け

☆ひび割れ・・・・・・・・オートンアドハー3500

☆基礎ヒビ・・・・・・・・エポキシ樹脂注入

☆サイディング浮き・・・・ステンレスアンカービス

使用材料

壁面・・・アステックペイント リファイン1000フッ素

軒裏ボード・・・日本ペイント 水性ケンエース

付帯物・・・アステックペイント リファイン1000フッ素

シーリング・・・オート化学 オートンエクシード15+

益城町広崎M様邸塗装

熊本県上益城郡益城町広崎のM様邸です。

施工後

益城町広崎M様邸

築19年目初めての塗り替え工事です。屋根は、カラーベスト年数程度の痛みが見受けられます。

壁は、縦貼りフラットサイディングボードにリシン塗装がされていました。壁面かなりコケ・藻の発生が見受けられあまり良い状態ではありません。縦貼りサイディングで施工されていますのでサイディング間のシーリングの外れが見受けられ、内部に水分が少し回っている状態でした。

築19年経っていましたので、とにかく下地工事に力を入れて塗装工事を行いました。工事途中建物の劣化部分などを写真で詳しくご説明しながら補修工事を行いましたので、こんなに傷んでいたなんて全く気づかなかった、下地工事の大切さが良く分かり、仕上がりも新築したようになったと喜んでいただきました。

施工前

益城町広崎M様邸

下地処理

☆ひび割れ・・・オートンアドハー3500

☆基礎ヒビ・・・エポキシ樹脂注入工事

☆屋根部分・・・エポキシ樹脂注入工事

☆壁面部分・・・カビ・藻除去作業

使用材料

屋根・・・水谷ペイント 快適サーモフッ素

壁面・・・水谷ペイント ナノコンポジットフッ素

付帯物・・日本ペイント 4Fフッ素

軒裏ボード・・・日本ペイント 水性ケンエース

シーリング・・・オート化学 オートンエクシード15+

 

下南部H様邸塗装工事

熊本市東区下南部H様邸です。

施工後

下南部H様邸塗装工事

築10年目初めての塗り替えになります。 屋根は、陶器瓦で、塗装の必要はありません でした。シーリングの外れが著しく見受けられ 回りには田んぼが広がり、横に水路が あるため壁面に多く藻の発生が見受けられました。

壁面サイディング板のシーリングの外れが、 著しいため全面超耐久性のオートンイクシー ド15+打ち替え工事を行い、 壁は、藻の発生が多くみられましたので水谷 ペイントのナノコンポジットW防藻+を選択 しました。 屋根は陶器瓦で塗装の必要は、なかったので すが点検を行ったところ、瓦の外れ、ずれ などが多数ありました。地震後の点検が 適切に行われていなかったようです。 瓦の外れ、ずれ等を全て調整し、修復しました。 H様には、工事工程、屋根の状態等をその都度 報告し丁寧に対応していただいたと非常に 喜んでいただきました。

施工前

下南部H様邸塗装工事

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアドハー3500・ウルトラモルタル

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・樹脂モルタル補修・瓦用シーリング補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料

壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットシーラー

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+ 防水

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

 

帯山H邸塗装

熊本市東区帯山のH邸です。

施工後

帯山H邸

 

築15年目初めての塗り替えになります。 屋根は、モニエル瓦 壁は、湿式モルタルに リシン塗装仕上げがされていました。 地震によるひび割れが多く見受けられ、裏に川が あるため壁面に多く藻の発生が見受けられました

材料選択にあたって

壁面リシン塗装は、ひび割れ処理した後ヘアー クラックを埋めるため微弾性フ ィラー処理し防水性を高め、 藻の発生が多くみられましたので水谷 ペイントのナノコンポジットW防藻+を選択 しました。 壁面タイル貼り付け部分は、地震の影響で浮 き等ありましたので、全部打診チェック後、 エポキシ樹脂注入致しました。  屋根は、モニエル瓦ですから、高圧洗浄を 2回行いスラリー層を除去したあと下地処理 を行ったあと水系ナノシリコンで仕上げまし た。 お客様は、地震後の不安もなくなり、綺麗に 仕上がり喜んでいただきました

施工前

帯山H邸

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500・ウルトラモルタル

☆ベランダ床・・・樹脂モルタル不陸調整

☆屋根部分・・・スラリー強化シラー

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料

屋根  ミズタニペイント 水系ナノシリコン

壁下地 水谷ペイント ナノコンポジットフィラー

壁   水谷ペイントのナノコンポジットW 防藻+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

 

健軍町K邸塗装

施工後

健軍町K邸

近くの当社塗装工事をご覧になって塗装 工事のご依頼をいただきました。 構造が、鉄骨造りモルタル仕上げのため とにかく熊本地震でのひび割れがひどく 補修工事に約1週間かかりました。 壁面を完全に防水し、ひび割れを起こさせ 無いように高弾性塗装を行いました。 雨漏りも止まり、壁面のひび割れも綺麗に 治り大変喜んでいただきました。

施工前

健軍町K邸

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆壁浮き・・・樹脂モルタル左官工事

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理 ・樹脂モルタル・シーリング処理

☆サイディング・一部貼り替え

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理 ☆屋根瓦・・・ズレ調整・不良品取り替え

使用材料

壁  日本ペイント 高弾性DANフィラーエポ トップコート 2液ファインシリコンフレッシュ 高弾性添加剤

鉄骨 4フッ化フッ素セラミック

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

広木町 Hアパート塗装

熊本市広木町のHアパートです。

施工後

広木町 Hアパート

当社で2度目の塗り替え工事になります。 前回2015年に塗装しています。 見た目は、それほど劣化は、見受けられま せんでしたが、14年経ち、地震もありまし たましたので、再塗装しました。 壁面は、UVプロテクト クリアーでしたが、一部劣化が見受けられ ましたが、まずまずの状態です。 今回テラス部分サイディングに劣化が見受 けられましたので、新しく貼り替えました。

結構年数が経つアパートですが、また新築のように綺麗になりましたので

大変喜んでいただきました。

施工前

広木町 Hアパート

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆壁プライマー・・・パーフェクトプライマー処理

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊透明パテ処理 ・樹脂モルタル・シーリング処理 ☆サイディング・一部貼り替え

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根コロニアル・・・ズレ調整・不良品取り替え

使用材料

壁  日本ペイント UVプロテクターフッ素

屋根 日本ペイント パーフェクトベスト

鉄骨 4フッ化フッ素セラミック

シーリング オートンエクシード15

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

 

尾ノ上S様邸塗装

熊本市東区尾ノ上のS様邸です

施工後

尾ノ上S様邸

当社で3回目の塗替えのご依頼をいただきました。。 S様とは、長くお付き合いをさせていただき塗装 工事の他にも色々ご依頼をいただいています。 定期的に塗り替えをされていて、今回も見た目は、 非常に綺麗です。 ただ、地震の影響で屋根のずれ、壁面にひび割れが 発生していました。

材料選択にあたって

3回目の塗り替えですが、屋根は前回の 塗装で使用したミズタニのパワーシリコン マイルド12年たっていましたが非常に 状態がよかったのでここでもまた同じ材料を 使用しました。非常に安定した材料です。 壁面は、コストパフォーマンスが良い日本 ペイントDANシリコンセラを使用し ました。

施工前

尾ノ上S様邸

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆壁プライマー・・・パーフェクトプライマー処理

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根瓦・・・ズレ調整・不良品取り替え

☆屋根棟・・・取り替え補強工事

使用材料

壁  日本ペイント DANシリコンセラ

屋根 ミズタニ パワーシリコンマイルド

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

菊池郡大津町 H様邸塗装

熊本県菊池郡大津町のH様邸です。

施工後

菊池郡大津町 H様邸

築23年目初めての塗り替え工事です。

ご近所で当社が行ったS様の塗装工事を見られて、ご依頼をいただきました。屋根、壁ともかなり基材の劣化が進んでいました。

サイディング壁は、反り、はがれ、等が著しくあり下地処理に時間がかかりました。

サイディング基材の劣化があったため下地処理に2液浸透型シーラーを使用しました。

トイの詰まりも解消でき、使用していなかった太陽熱温水器も撤去し大分お待たせしましたが、綺麗に仕上がりH様も大変喜んでおられました。

施工前

菊池郡大津町 H様邸

 

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆サイディング板・・・ステンレスビス留め

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根板金・・・シーリング処理

☆屋根カラーベスト・・・エポキシ樹脂補修

☆基礎ヒビ・・・エポキシ樹脂注入処理

☆玄関タイル・・・一部交換・目地セメント処理

使用材料

屋根 日本ペイント パーフェクトクーラーベスト

壁  日本ペイント ファインパーフェクトトップ

基礎  菊水化学工業 基礎ガード

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

熊本市琴平3回塗り替え検証

今回の塗装の検証は、当社と長年お付き合いさせてもらっている琴平町のT様邸です。

2018年(平成30年)12月に3回目の外壁塗装をさせていただきました。

最初の外壁塗装は、1995年(平成7年)11月です。

2回目の外壁塗装は、2007年(平成19年)12月です。

写真は、2回目の外壁塗装をする前になります。

熊本市琴平3回塗り替え検証

ちょうど12年が経過していますが、全体的に見て外壁塗装面は汚れも少なくわりと良い状態に保たれていました。

しかし足場を掛けてよく見ると、

① 2階のベランダ部分の取り付けが悪く丸で囲った部分にサイディング板劣

化が若干見受けられました。

② 写真ではわかりずらいのですが、シーリング材の劣化が見受けられました。

シーリング材のブリード(成分による汚れ)は、見受けられませんでした。

③ 破風板は、見た目には綺麗でしたが一部劣化が見受けられました。

全体的に見てみると、隣の住宅の間の壁面に若干カビの発生が見受けられ、

西面の破風板が写真のように劣化していました。

熊本市琴平3回塗り替え検証

1回目の外壁塗装に使った材料は、A社の1液型シリコン系塗料です。

2回目の塗装の際は、1回目の塗装の反省も含め①のベラン

ダ下の補修を行い②のシーリング材も全面B社ノンブリード

型サイディングシーラントで打ち替えました。

③の破風板は、ここまで劣化した木材(当時多く使われたラ

ワン材と思われる)は塗装ではこれ以上の劣化を防げないと

判断しましたので写真のように全面サイディング板貼り付け

を行いました。

熊本市琴平3回塗り替え検証

外壁塗装は、前回のA社材料よりさらに防藻防かび性能と

低汚染製が期待できるB社つや消しシリコン系で塗装しま

した。

 

3回目の外壁塗装は、2018年(平成30年)12月です。

写真は、3回目の外壁塗装前の写真です。11年経過しています。

熊本市琴平3回塗り替え検証

全体的に汚れも少なく良い状態が保たれていました。

熊本地震による傷みが見受けられる程度で,塗料の劣化もほとんど見受けられず地震が無ければもう少し外壁の再塗装も伸ばせたと思われました。

① 地震によりサイディング板の継ぎ目に塗膜の割れが見受けられました。

② 地震によりサイディング板の割れが見受けられました。

③ 地震により外れてはいませんでしたが、シーリングにひびが見受けられ

ました。

破風板は、前回サイディング板で張り替えていましたので状態良く保たれていました。

ベランダ下も問題なく、隣との間の壁面にもカビの発生は見受けられず、前回外壁塗装

したB社のつや消しシリコン系塗料は、非常によい材料だといいうことが分かりました

①のサイディング板継ぎ目の塗膜の割れは、写真のように新築時の塗装面から剥がれていましたので、浮き上がった塗膜を綺麗にはぎ取り浸透性シーラー処理し、補修吹きを行った後塗装しました。

熊本市琴平3回塗り替え検証

②のサイディングの割れは、貫通割れを起こしていましたので、D社の特殊ウレタンパテで処理しました。

③のシーリングは、外れてはいないのですが、地震でかなり無理していると思われましたので、全面的に撤去しD社の超耐久型シーラントで打ち替えました。

外壁塗装は、T様も大満足の前回使用したB社つや消しシリコン系塗料の改良型で塗装しました。

T様も次は、立て替えかなとおっしゃっていましたが、この塗装が長持ちし、家がしっかりしているなら4回目も考えてみるとの事でした。非常に楽しみです。

熊本市琴平3回塗り替え検証

菊池郡大津町 S邸塗装

熊本県菊池郡大津町のS様邸です。

施工後

菊池郡大津町 S邸

材料選択にあたって

築24年当社では、初めてですが2回目の塗り替えになります。 幹線道路沿いにあり、振動が激しく2階 窓周りに多くのひび割れが見受けられました。

2階壁面のひび割れが最大の問題でした。 Uカットを行い、ステンレスビス補修・エポ キシ樹脂補修・特殊ウレタンパテ補修と力を 入れて工事しました。これだけの振動と下地 状態を考え2階部分は、防水型高弾性仕様と し、1階部分は、シーリング全面高耐久型 シーリング材打ち替え工事を行い、遮熱型 フッ素仕上げを行いました。 一部サイディングのやり替え等も行い、お客 様からは、細部まで丁寧な仕事で仕上がりも 美しく満足いく塗装でしたと言っていただき ました。

施工前

菊池郡大津町 S邸

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアドハー3500・ウルトラモルタル・ ステンレスアンカー

☆サイディング・・・一部張り替え工事

☆屋根部分・・・タスペーサー・タスマジック補修

☆トイ・・・勾配不具合調整・一部やり替え

☆タイル・・・エポキシ樹脂注入工事

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料一覧

屋根  アステック スーパー遮熱シリコン

2階壁下地 DANフィラーエポ

2階壁仕上げ 日本ペイント 高弾性ファインシリコン フレッシュ

1階壁 アステック リファインフッ素

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

月出U邸塗装

熊本市東区月出のU様邸です。

施工後

月出U邸

材料選択にあたって

当社で3回目の塗替えのご依頼をいただきました。。 U様とは、長くお付き合いをさせていただき塗装 工事の他にも色々ご依頼をいただいています。 定期的に塗り替えをされていて、今回も見た目は、 非常に綺麗です。 ただ、地震の影響で壁面にひび割れが発生していま した。

3回目の塗り替えですが、屋根は前回の 塗装で使用したミズタニのパワーシリコン マイルド12年たっていましたが非常に 状態がよかったのでまた同じ材料を使用しま した。非常に安定した材料です。 壁面はフッ素樹脂を超える超高耐候性の セラミックハイブリッド無機塗料を使用し ました。

今回もきれいに仕上がり、劣化した部分の修理も行いましたので大変喜んでいただきました。

塗装前

月出U邸

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆壁プライマー・・・パーフェクトプライマー処理

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根瓦・・・ズレ調整・不良品取り替え

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料一覧

壁  日本ペイント パーフェクトセラミックトップG

屋根 ミズタニ パワーシリコンマイルド

基礎  菊水化学工業 基礎ガード

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

御船町H邸塗装

熊本県上益城郡御船町の外壁塗装です。

施工後

御船町H邸

材料選択にあたって

去年塗装工事を行いました熊本市若葉町のM様からご紹介頂きました。

新築後21年初めての塗り替えです。 サイディングの割れや外れ・反りが多く見 受けられましたので、塗装の前にサイディン グの補修工事に多くの時間をかけました。 壁面は超低汚染フッ素を使用し シーリングは、劣化が著しかったため今回は、 超耐候型のオートンイクシード 15+を使用しました。 サイディング補修等下地処理に3日間かかり 工期が20日間に及び、H様には、ご迷 惑をおかけしましたけれど、サイディングの 反り、外れなどほとんど目立たなくなり大変 喜んで頂きました。

塗装前

御船町H邸

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆サイディング板・・・ステンレスビス留め

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根谷板金・・・ステンレス製交換

☆屋根瓦・・・ズレ調整

☆基礎ヒビ・・・エポキシ樹脂注入処理

☆玄関タイル・・・一部交換・目地セメント処理

使用材料

壁  アステック リファインフッ素

基礎  菊水化学工業 基礎ガード

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

菊陽町K邸塗装

菊池郡菊陽町の屋根・外壁塗装です。

施工後

菊陽町K邸

材料選択にあたって

今回当社に2回目の塗装工事のご依頼をいただきました 。屋根瓦の劣化と、熊本地震による壁面の修理し ただけの壁を気になさっていました。前回塗装から14年建っていましたので屋根 の色落ちが見受けられましたので、屋根は 色持ちツヤ持ちに優れている水谷ペイントの 2液パワーシリコンマイルドを使用。 壁面は地震によるひび割れが目立ちましたの で防水性が有り価格と質のバランスが良い日 本ペイント DANシリコンセラRで塗装しま した。 K様が考えていた予算内に収まり喜んでいた だきました。 屋根色も、壁色も変えて綺麗になり非常に 満足して頂きました。

塗装前

菊陽町K邸

下地処理

☆ひび割れ・・・エポキシ樹脂注入・オートンアド ハー3500・ウルトラモルタル

☆屋根部分・・・ヒビ瓦交換

☆トイ・・・破損部分交換

☆板金部分・・・釘打ち直しシーリング処理

☆基礎ヒビ・・・樹脂モルタル補修

使用材料

屋根  水谷ペイント パワーシリコンマイルド

壁下地  日本ペイント パーフェクトシーラー

壁  日本ペイント DANシリコンセラR

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

軒裏ボード 日本ペイント 水性ケンエース

 

御幸笛田N邸塗装

熊本市東区御幸笛田の屋根・外壁塗装です。

施工後

御幸笛田N邸

材料選択にあたって

新築後初めての塗り替えで、サイディング ボードの劣化がかなり有り、補修工事に2日 かかりました。サイディング一部劣化が激し く交換工事も行いました。 壁面はこれ以上の劣化を防ぐため、遮熱効果 がある無機系フッ素塗料で塗装しました。 シーリングの劣化が著しかったため今回は、 超耐候型のオートンイクシード 15+を使用しました。 屋根は。経過年数の割には、しっかりして いて一部割れ部分をエポキシ樹脂補修を行い ました。 初めての塗り替えで不安でしたが、細部に至 るまで綺麗に仕上がり大成功でしたとのお言 葉をいただきました。

施工前

御幸笛田N邸

築22年初めての塗り替え工事です。 屋根はコロニアルヒビ割れが見受けられます。 壁は窯業系サイディング作りです。 サイディングの劣化が進んで割れ等が多く見受 けられました。 シーリングの劣化が激しく全面打ち替え工事にな りました。 壁の色は、あまり替えたくないとのご要望でした。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆幕板部分・・・三角シーリング処理 ☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根釘・・・打ち込み防水処理

☆屋根瓦・・・エポキシ樹脂処理

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料

壁  アステック リファイン1000MF-IR

屋根 アステック スーパー遮熱サーモSI

基礎  菊水化学工業 基礎ガード

付帯物 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

シーリング オートン化学 オートンイクシード15+

防水 日本ペイント パーフェクトプルーフ

 

 

秋津町H邸塗装

熊本市東区秋津町の屋根・外壁塗装工事です。

施工後

秋津町H邸

材料選択にあたって

純和風の住宅ですので、その風格を 損なわないように材料を選択しました。 屋根瓦は、どっしりと重みが出るよう な、色と、長期にわたりツヤを維持する 材料を選択。 壁面は、和風建築に良くマッチする、つや 消し材料を選択しました。 破風板・幕板は、防虫・防腐効果で定評が あるキシラデコールを選択しました。 屋根の色をこゆくしたことで、重厚感が出 て大変喜んでいただきました。

施工前

秋津町H邸

築25年目2度目の塗り替え工事です。 地震による屋根瓦のズレと塗膜の劣化と、 破風板の剥がれを気にされていました。 当社で塗装工事したご近所の住宅2軒を 見られて、お見積もりの前から、当社に 決めていただいていたみたいでした。 どうもありがとうございました。

下地処理

☆0.5㎜以下のひび割れ・・・エポキシ樹脂注入

☆0.5㎜以上のひび割れ・・・特殊ウレタンパテ処理

☆幕板部分・・・一部板金処理

☆目地部分・・・超耐候シーリング処理

☆屋根瓦・・・ズレ調整・瓦止めコーキング

☆基礎ヒビ・・・基礎ガード材処理

使用材料一覧

屋根 水谷ペイント パワーシリコンマイルド

壁  水谷ペイント ナノコンポジットW

基礎  菊水化学工業 基礎ガード

トイ 日本ペイント 2液シリコンフレッシュ

破風板 キシラデコール シーリング

オートン化学 オートンアドハー3500