熊本の外壁塗装屋根塗装のことなら 熊本県熊本市東区桜木5丁目9-102

住宅の暑さ対策と塗装について

今回は、塗装で出来る住宅の暑さ対 策で、どこまでその暑さが防げるのかを特集し てみました。

屋根の遮熱塗装

熊本の夏は暑く真夏は、36〜38℃ 位まで気温が上がる事があります。 そんな時、屋根の表面温度は65〜75 ℃近くまで上がります。 その時、屋根の温度上昇を抑えてくれるのが遮熱塗料です。 遮熱塗料とは、一般的な塗料と比較して太陽光を跳ね返す、反射率が高い塗料のことで赤外線を反射し蓄熱を抑制する効果があります。 具体的に言うと遮熱塗料の色が黒に近い色などは、15〜20℃近く屋根材の表面温度を下げる効果があります。 そんなに温度を下げる効果があれば、室内ではかなり涼しくなるのかと言うと、 一概にそうとも言えません。 なぜなら、現在の住宅の屋根裏には断熱材が入っているので、屋根の温度上昇が 室内に伝わりにくいようになっているからです。 しかし、遮熱塗料を塗ることで、屋根裏の温度上昇を抑えることが出来ますので 室内で、1〜2℃位は、温度の上昇を抑える効果が期待できます。 そして何よりも効果が出るのが夜、屋根裏の温度が外気温程度に下がるのが、か なり早くなりますから、夜間エアコンの効きがかなり良くなると思われます。

壁の遮熱塗装

外壁の場合も外壁と内壁の間に断熱材 が入っていますのでそれほど劇的な効果は無いと言われていますが、外壁の構造 や種類によってその効果は異なります。

サイディング壁の遮熱塗装

サイディングの場合は、直貼り工法と 通気工法に分けて考える必要があります。 直貼り工法とは、サイディングの裏側が 防水紙と密着している工法、通気工法とは、サイディングの裏側と防水紙の間に空気が通る隙間がもうけてある工法です。 直貼り工法の場合は、多少の効果が期待できますが、通気工法の場合は、ほとんどその効果が 無いと言われています。 しかし、サイ ディング壁は、 蓄熱性が高い 材料ですから、 そのサイディ ング基材などの劣化抑える 効果が期待できます。

モルタル壁の遮熱塗装

モルタル壁の場合は、通気層がないためその効果が期待できますが、これも家 の作りと構造、外壁と内壁の間にある、 断熱材の厚や性能などにより、大きく変 わります。 サイディング壁・モルタル壁いずれにしても、日が当たっている部分の内壁と、 日が当たっていない部分の内壁を手で触 ってみて明らかに温度差がある場合は、 遮熱塗装は有効だと思われます。

☆遮熱塗装の効き目は、家の構造・断熱性能・換気性能に影響される。

☆遮熱塗装は、白に近ければ近いほど効果がある。

☆遮熱塗料は、高反射型塗料のことで赤外線を反射して蓄熱を抑える効果がある。

☆住んでいて暑いと感じる住宅には、効果が期待できる。

☆遮熱塗装は、屋根裏の温度上昇を抑える効果がある。

☆遮熱塗装は、機材の劣化防止に有効である。

☆遮熱塗装は、内と外との温度差を小さくするので内部結露防止にも有効である