熊本の外壁塗装・屋根塗装のことなら

フジモト創社のカビ・藻・苔についての取り組み

熊本市東区で塗装工事をしているフジモト創社です。

新しいサイディング壁に藻・カビ・コケの続きです

当社の防藻・防カビ塗装の取り組み

当社では、まず、お客さまの建物にどんな理由で藻・カビが発生しているのかを調査し、お客さまの建物の構造・立地条件に合った防藻・防カビ効果が最大限発揮できる、最適な防藻・防カビ塗料を選択ご提案いたします。

当社のかび・藻についての取組

これから当社のカビ・藻類に対しての取組をご紹介します。

①築年数が新しい住宅の場合

建物が建築されて、2,3年しか経っていない住宅の場合それほどひどくない場合、基材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をする。 カビ・藻がひどく発生している場合、日本窯業外壁材協会が推薦する《ワンステップ・スプレークリーナー》をローラー又は噴霧器で処理します。

《ワンステップ・スプレークリーナー》とは

ニュージーランドのサーティーセカンズ社(30 Seconds Limited:本社オークランド市郊外》が開発した、その社名”30秒”にたとえられるほど極めて短い時間で抜群の効果を発揮するアウトドアー用のクリーナーです。 屋外の建造物の美観を損なわせるカビ・コケ、その他の汚れや黒ずみなどの除去の効果絶大な屋外用クリーナーで、ニュージーランドにおけるその知名度は抜群!市場占有率も80%を超えています。

フジモト創社のカビ・藻・苔についての取り組み

■商品特徴■

屋外のカビ・コケ・地衣植物(菌類と藻類の共生体で固く除去し難い)、藍藻類の除去及び発生防止のために特別に開発した、効果抜群の屋外用クリーナーです。 効果は遅効性ですが散布後はそのままほうちしておくだけ(水洗いは不要)です。

噴霧後2~4週間(場合によっては数ヶ月)かけて徐々に枯れながら完全に死滅(除去)していきます。 また、散布後に製剤が表面に染み込み残るので、防カビ・防コケ(再発抑制)効果もあります。アルキル・ジメチル・ベンジル・アンモニウム・クロライド(別名:塩化ベンザルコニウム塩)を主成分(標準液:2%濃度、濃縮液9.9%濃度)とし、その他数種類の成分を独特な配合で取り入れたクリーナーですので、塩素系の洗剤が使用できない所にも使用できます。

■使用できないもの■

金属製品、合成樹脂製品などはシミやサビの原因となることがあるので使用できません。

■住宅建材への適応性の安全性■

代表的な建材(各種外壁材、タイル、レンガ、木材等)に直接散布しても影響がなく安全であることを確認しています。

引用元:アルタン(株)

②築年数が5年以上及び再塗装から5年以上の住宅

・それほどひどく発生していない場合は、機材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をし、防藻・防カビ性能が優れた塗料での再塗装を検討する。

・カビや藻がひどく発生している場合は、あらかじめワンステップ・スプレークリーナーでカビや藻を除去し、その後、機材を傷めない程度の水圧で高圧洗浄をし、防藻・防カビ性能が優れた塗料で再塗装をけんとうする。

*樹木が近接している場所や水路の近くなどの地域性により、カビや藻が発生しやすい場所は再発する危険性が高いので、確実に発生原因を見極めて除去処理を行う必要があります。 さらに、水分の滞留がある場所は出来るだけその原因を取り除いた上で、防藻・防カビ機能が優れた塗料で塗装する必要があります。

防藻・防カビ機能が高い塗料

各社、防藻・防カビ機能塗料を発売していますが、その中で代表的な商品を紹介します。

・水谷ペイントナノコンポジット防藻+

ナノコンポジット自体も非常に防藻・防カビ機能が高いですがそれを更にパワーアップさせた塗料です。 防藻・防カビ機能に加え、表面に付着した藻やカビから水分を吸収し成長を止め、降雨により洗い流します。

 

・アステックアステック・プラスS

塗料ではなく防藻・防カビ添加剤です。

一般建築物から検出される、57菌を含む500種類ものカビ・細菌・藻類に効果を発揮します。 これは、水性塗料への添加剤で、塗料に混ぜることで防カビ機能が発揮されます。

・日本ペイントパーフェクトップ

パーフェクトップ自体にも防藻・防カビ機能がありますが、オプションで更に強力防藻・防カビ機能をプラスすることが出来ます。

その他、各メーカーに防藻・防カビ機能が良い商品が多数販売されています。商品を決定し発注する際、強力防藻・防カビ機能を指定する必要があります。

この住宅街壁の藻・カビ・コケの特集を最初から見るにはこちらからどうぞ